2020年 12月 2日 (水)

センター試験はキャラクターの祭典だった リカちゃん、ロボニャンに続き「ムーミン」も...来年は?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   毎年ユニークな出題が話題をさらう大学入試センター試験は、今年も「期待」を裏切らなかった。

   2018年1月13日に行われたセンター試験の「地理B」で、アニメでも人気の童話「ムーミン」を扱った問題が出題され、インターネット上で注目を集めている。

  • リカちゃんの公式ツイッターより
    リカちゃんの公式ツイッターより
  • リカちゃんの公式ツイッターより

ムーミン「お怒りのみなさんも多いようで...」

   話題を呼んでいる「地理B」の問題は、フィンランドに関するアニメと言語の正しい組み合せを4択から選ぶもの。アニメの選択肢には「ムーミン」「小さなバイキングビッケ」の2つがあり、どちらか一方はフィンランドではなくノルウェーに関する作品だと説明されていた。

   ムーミンの原作者はフィンランドの作家トーベ・ヤンソン氏。そのため、2つのアニメのうちムーミンを選ぶのが正解となるが、予想外の出題に戸惑った受験生も多かったようだ。

   地理Bの試験が終わった直後から、ムーミン公式サイトのツイッターに逆恨みのようなリプライ(返信)が相次ぎ、ムーミン公式サイト側は13日昼にツイッターを更新。

「ムーミンの舞台はフィンランドかノルウェーか...という問題がセンター試験で出てお怒りのみなさんも多いようで...」

などと反応した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!