2018年 9月 24日 (月)

「(35歳までには)誰でもいいから籍を入れろ」 アニメPの主張、共感できる?

印刷

   「孤独死したくなければ誰でもいいから籍を入れろ」――。

   漫画『うーさーのその日暮らし』の原作者で知られるアニメプロデューサー・宇佐義大(よしき)さんの結婚観をめぐり、インターネット上で議論を呼んでいる。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

リミットは35歳

   宇佐さんは2018年1月14日、自身のツイッターで

「最近25~30歳の若者に『ここからどんどん仕事が楽しくなってやり甲斐が出てきてつい仕事ばかりをしてしまうだろうけど30~35歳までに仕事の合間を縫って結婚しないとその先一気に一人で生きていく以外の選択肢がなくなるぞ』『孤独死したくなければ誰でもいいから籍を入れろ』と強く言って回っている」

といった内容を投稿した。

   仕事に没頭しすぎると「孤独死」を迎える可能性が高まり、それを避けるには誰彼構わず入籍すべきだ、という持論だ。

   続けて、

「大抵のことを金で解決できる経済力が身に付いてしまう前に、他人と共に支え合って生きる意義や価値を理解する訓練をしておかないと一人で生きていく方が楽で自由に感じてしまうけど、突き詰めると金で買えないものもやっぱり色々あって、その必要性に気付く頃には相手を見付ける方法がなくなってるんや」

とツイート。結婚の重要性をあらためて訴えた。

結婚したら「最悪慰謝料を払う人生が...」

   一連の主張にツイッター上では、

「すごく理解。お金持って一人で高級マンションに住む生活は最高だが、60ぐらいの時を想像したらば...ウッ...今デッドラインに立っています」
「あー何か分かる気が...。26歳の俺だけど,彼女経験ゼロなので尚更」

と共感する声が少なくない。宇佐さんのアドバイスは、晩婚化・未婚化が進む現代の"処方箋"となりうるのかもしれない。

   一方、

「誰でもいいから籍入れたら離婚する可能性が高くならない?そしたら最悪慰謝料を払う人生が...」
「結婚を何だと思ってるんだろうな。相手に先立たれる想定も全くしてないみたいだし」

といった反発も。必ずしも「結婚=幸せ」になるとは限らないとする声も多かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中