2018年 10月 17日 (水)

約7割の人が口臭ケアに不安... そんな人は「ロイテリヨーグルト」で口臭予防!? 

印刷

   「いい口の日」に合わせ、2018年1月19日、オハヨーバイオテクノロジーズが歯や口臭に関するアンケート調査結果を発表した。

   調査は、ネットリサーチ「NTTコムリサーチ」登録モニターの20~60代の男女336人に実施。その調査結果によると、「自分の口臭が気になったことがある」、また、「他人の口臭が気になったことがある」と答える人がいずれも7割以上いるという結果が出た。

   口臭対策というと、「ブレスケア」やガム商品などで対策している人も多いかもしれないが、最近新たな口臭ケアへのアクセスが生まれている。オハヨー乳業は、歯周病予防・口臭ケアなど、口の中の健康を整えてくれるはたらきを持つ「ロイテリ菌」という乳酸菌に着目。ヨーグルトによる口腔ケアを提案すべく、ロイテリ菌を使用した「ロイテリヨーグルト」を開発した。

  • オハヨー乳業「ロイテリヨーグルト」
    オハヨー乳業「ロイテリヨーグルト」
  • スプーンからヨーグルトがとろ~り
    スプーンからヨーグルトがとろ~り
  • 自分の口臭が気になったことがあるか
    自分の口臭が気になったことがあるか
  • 他人の口臭が気になったことがあるか
    他人の口臭が気になったことがあるか

「ロイテリ菌」ってこんなにすごい!

   オハヨー乳業が着目した「ロイテリ菌」とは、世界最大の医科大学「カロリンスカ大学」など、さまざまな研究機関が研究を進めている乳酸菌。歯周病対策を起点に、生活習慣病をはじめ心筋梗塞、脳梗塞、認知賞、がん等、さまざまな疾患のリスクを低減する効果が報告されている。

   そもそもロイテリ菌は、ヒトと体内に生息していた乳酸菌。ヒト由来の乳酸菌で、口腔内・腸管表面への付着能力が高く、胃酸に体制があるので生きて腸までしっかり届くという。安全性が高く、副作用もない、まさにスーパー乳酸菌なのだ。

   そんなロイテリ菌の有用性、特に口腔ケアとしてのはたらきに注目したオハヨー乳業は、2016年にロイテリ菌を食品の原料として使用するライセンスを取得。2017年9月に「ロイテリヨーグルト」を発売した。

なめらかで甘さ控えめ

   口腔ケアをはじめ、カラダに良い作用をもたらすことが期待される「ロイテリヨーグルト」。継続的に食べることを考えると、その味も気になるところ。実際に食べて確かめてみた。

   まず感じたのは、ヨーグルトのなめらかさ。スプーンで混ぜる前からとろとろしている。甘さは控えめだ。調べてみると、砂糖不使用で、110グラムに対して83キロカロリーという低カロリーだということがわかった。また、「ミルク感」も強く感じた。このヨーグルトは、香料・安定剤を使わず、生乳を使用しているという。

   なめらかで食べやすく、低カロリーなので食後のデザートにもよさそうだ。高齢化社会が進む日本にとっては、「歯」の健康は重要。こうした日々の食事へのちょっとした意識が、未来の自分を助けてくれるかもしれない。

   価格は150円(税別)。関東エリア(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、山梨、静岡)のスーパーやコンビニなどで販売されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中