テレビ前にも手軽に置けるスリムデザインのサウンドバー2モデル ソニーから

印刷

   ソニーは、サウンドバー「HT-S200F」「HT-S100F」2モデルを2018年1月27日から順次発売する。

  • テレビのサウンドにプラスアルファ 人の声も聞き取りやすく
    テレビのサウンドにプラスアルファ 人の声も聞き取りやすく

Bluetooth対応、スマホなどとペアリングしてワイヤレス再生も

   いずれもテレビ前の限られたスペースにも手軽に置けるスリムサイズ。ARC対応のHDMI端子を装備し、テレビと別売のHDMIケーブル1本で接続できる。「HDMI機器制御(CEC)」に準拠し、テレビのリモコンから音量調整などの操作が可能だ。

   全体の音量を上げずに人の声を聞き取りやすくできる「ボイスモード」を搭載。背面に「IRリピーター」を装備し、テレビ用の赤外線リモコン信号を受信して背面からテレビに向けて送信するため、サウンドバーでテレビの受光部が隠れてもリモコンを操作できる。

   Bluetoothに対応し、スマートフォンなどとペアリングしてワイヤレス再生が楽しめる。

   上位モデル「HT-S200F」はサブウーファーを内蔵し、パワフルな低音再生を楽しめる。高精度なデジタル音場処理技術「S-Force PRO フロントサラウンド」により広がりのあるサラウンド音場を実現したほか、人の声が聞きやすいクリアなサウンドが特徴だという。

   カラーはチャコールブラック、クリームホワイトの2色。

   市場想定価格は2万8000円前後(税別)。

   2月17日発売のスタンダードモデル「HT-S100F」は、高音域用ツイーターと中低音用のウーファーの2ウェイ構成で、クリアな人の声を実現する。

   カラーはブラック。

   市場想定価格は2万3000円前後(同)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中