2018年 6月 19日 (火)

DSD 22.5MHzやPCM 768kHz/32bit「ハイレゾ音源」対応 USB DAC/ネットワークプレーヤー

印刷

   音響機器メーカーのティアック(東京都多摩市)は、USB DAC(デジタル/アナログコンバーター)/ネットワークプレーヤー「NT-505」を、2018年1月27日に全国のオーディオ店および量販店などで発売する。

  • コンパクトな筐体にティアックのデジタルオーディオ&ネットワーク技術を集約
    コンパクトな筐体にティアックのデジタルオーディオ&ネットワーク技術を集約

多彩なBlutoothコーデックに対応、スマホ/DAPのワイヤレス再生も高音質に

   A4サイズのコンパクトな筐体に、同社が長年培ってきたデジタルオーディオ技術とネットワーク技術を融合させたという。

   旭化成エレクトロニクス製DAC「VERITA AK4497」を左右1基ずつ搭載し、ステレオ信号をよりピュアな状態で処理する「デュアルモノーラル構成」を採用。USB DACとして使用時にDSD 22.5MHzやPCM 768kHz/32bitのCDを超える高解像度「ハイレゾ音源」のネイティブ再生が可能だ。

   デジタル信号を滑らかに補完する「RDOT-NEO」により、PCM信号を最大384kHz/32bitやDSD 24.5MHzまでアップコンバートする機能を備える。

   ネットワーク部には、高音質なネットワーク・ストリーミング再生を実現する「MQAデコーダー」を備え、「TIDAL」「Qobuz」など高音質の定額制音楽配信サービスに対応したほか、音楽再生ソフト「Roon Ready」機能もアップデートで搭載予定とのことだ。

   Bluetoothレシーバー機能はaptX HDやAAC、SBCなど多彩なコーデックをサポートし、スマートフォンやデジタル・オーディオ・プレーヤーのワイヤレス再生も高音質で楽しめる。

   RCA-ミニプラグ変換ケーブル、リモコンなどが付属する。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中