ゲーミングデバイスの「Razer」から薄型ノートPC「Razer Blade Stealth」 第8世代「Core i7」搭載

印刷

   ゲーミング機器などを手がける米Razer(レイザー)は、薄型ノートパソコン(PC)「Razer Blade Stealth(レイザー・ブレード・ステルス)」および外部グラフィックスエンクロージャー「Razer Core V2」を2018年1月19日に発売した。

  • 「Core V2」とのコンボにより外出先ではノートPC、自宅ではゲームも堪能
    「Core V2」とのコンボにより外出先ではノートPC、自宅ではゲームも堪能

デスクトップPC用GPUを接続できる「Razer Core V2」も同時発売

   CNC加工によるアルミ一体型の薄型ボディに、13.3型のタッチ対応(解像度3200×1800ピクセル)IGZOディスプレイを搭載。薄さ13.8ミリ、重さ1.35キロと携帯に優れる。

   CPU(プロセッサー)は第8世代4コア「インテル Core i7-8550U」、デュアルチャンネル対応の16GB DDR3メモリーを搭載。ストレージはPCIe M.2接続のSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を採用、容量は256GB/512GBを選択できる。Thunderbolt3対応のUSB Type-Cコネクターを装備し、電源供給や外部グラフィックスエンクロージャーなどと接続できる。

   価格は256GB SSD搭載モデルが17万7800円(以下全て税別)、512GB SSD搭載モデルが19万9800円。

   「Razer Core V2」は、デスクトップPC用ビデオカードを搭載でき、外部グラフィックス拡張機能「eGPU」対応のノートPCにThunderbolt3で接続することで、外出先では仕事や学業に、自宅では高いグラフィックス性能を必要とするゲームなどのプレイが可能になる。ギガビット有線LANやUSB 3.0×3ポートを備え、ノートPCの拡張性を高める。

   本モデルではThunderbolt3接続を制御するチップを2つ搭載することで、より安定したパフォーマンスを発揮できるようになったほか、ワークステーション向けビデオカードのNVIDIA「Quadro」シリーズにも対応した。

   価格は5万5370円。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中