2018年 6月 19日 (火)

25度でも30分は溶けない!? 不思議なソフトクリームが東京・大阪に登場

印刷

   個性的なアイスクリームを提供する専門店「金座和アイス」が2018年1月22日から、「溶けない!?ソフトクリーム」(390円)の販売を開始した。

  • 「溶けない!?ソフトクリーム」(写真左)と「バーニングソフトクリームパフェ」(写真右)
    「溶けない!?ソフトクリーム」(写真左)と「バーニングソフトクリームパフェ」(写真右)
  • 室温25度でも30分は溶けださない「溶けない!?ソフトクリーム」(写真右)
    室温25度でも30分は溶けださない「溶けない!?ソフトクリーム」(写真右)
  • 溶けないメカニズム
    溶けないメカニズム

ほんのりイチゴの香り

   この摩訶不思議なアイスクリームは、金沢大学・太田富久名誉教授の協力のもと開発された。水分と油分の結びつきを強める機能がある天然成分「イチゴポリフェノール」を使っている。

   ソフトクリームやアイスクリームは油と水の混合物で、温度が低い時は結びついているが温度が上がると分離してしまうため、形状を保てなくなる。イチゴポリフェノールは油・水ともになじむことから離水現象を抑える働きがあり、クリームの形状を維持しやすくすることができる、というわけだ。

   そのため、室温25度でも30分は溶けださないという。味はバニラだが、ほんのりイチゴの香りがするとか。

   1月30日からは、ムービー映えを意識した、火をつけてから食べる「バーニングソフトクリームパフェ」(700円)を販売する。リキュールをしみ込ませた氷砂糖乗せパフェに、目の前で火をつけるスタイルで提供。こちらも溶けないソフトクリームになっており、火をつけることで「焼きブリュレ」のように香ばしくなる。

   販売店舗は、「KANAZAWA ICE 原宿店」(東京都渋谷区神宮前1-7-3)と、「大阪 アメリカ村店」(大阪府大阪市中央区西心斎橋1-8-21)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中