編集者は、マイルドヤンキーに駆逐される...だと? 落合陽一協力「シンギュラリティ駆逐度診断」が異次元

印刷

   求人情報サイト「マッハバイト」を運営するリブセンス(東京都品川区)は2018年1月24日、「シンギュラリティ駆逐度診断」を特設サイトで公開した。人工知能(AI)が人間の能力を超えるとされるシンギュラリティ(技術的特異点)によって、今ある仕事がどれくらいの確率でAIに置き換えられるかを診断できる。

   「人間側」としては実に恐ろしい試みだが、実際に試してみると......。

  • 特設サイトより
    特設サイトより
  • 特設サイトより
    特設サイトより

コピーライターは友達により駆逐される

   診断は、筑波大学学長補佐・准教授で実業家の落合陽一氏(設定では落AI陽一)協力のもと、制作された。

   ユーザーが任意の職業を打ち込むと、落合氏の知能が搭載されたというコンピューターが駆逐度を算出し、理由とともに提示する。

   百聞は一見にしかず。試しに「コピーライター」で試すと、

「コピーライターは、友達により88.9%駆逐されます」

と謎めいた結果が表示された。解説を読むと、将来的にAIがキャッチコピーを大量生産するようになり、

「コピーライターの執筆意欲はSNSで発散されるようになります。やがてSNSにあふれるコピーライターの長文投稿にうんざりした友達は、いっせいに彼らをブロックします」

   どうやらウィットに富んだ(?)論理から算出されており、「ネタ」色が強い診断ツールのようだ。

コンビニ店員は、「かまくらはんぺん」によって駆逐

   それでは、「記者」はどうか。結果は「AI砲により88.4%駆逐されます」。

   週刊誌のスクープを連想させる「AI砲」だが、「スキャンダルもAIの手にかかればさらに強力に、そして高速で乱射することができる」という。

   だが、AIによってスキャンダル報道を潰すことも可能となり、「結果的にスキャンダルのないクリーンな世界が訪れ、AI砲もまた駆逐されます」。

   そのほか、編集者は「マイルドヤンキー」に、コンサルタントは「おばあちゃん達の結束力」に、コンビニ店員は、「かまくらはんぺん」によって高確率で駆逐されるようだ。

   いろいろ試したが、どんな職業を入れてもある程度納得(?)できる回答が返ってきた。気になる人はお試しを。

   特設サイトはこちら

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中