2018年 12月 12日 (水)

彼女にフラれて店員に逆ギレ! 想像を超えた悪質クレームに失笑の嵐

印刷

   2018年1月24日に放送された情報番組「あさチャン!」(TBS系)の「悪質クレーム」特集が反響を呼んでいる。

   あまりにも自分勝手過ぎるクレーマーの言い分に、批判的な声が多数上がっている。

  • 悪質クレームで店側のストレスも限界に
    悪質クレームで店側のストレスも限界に

悪質クレームで精神疾患になる店員も

   24日の「あさチャン!」(TBS系)は、気になるニュースを詳しく取り上げるコーナー「フカボリ!」で、「悪質クレーム」について取り上げた。

   番組は、労働組合の全国組織「UAゼンセン」が「悪質クレーム」に関するアンケート調査を実施し、5万件以上の回答が寄せられたことを報道。アンケートによると、7割以上が「悪質クレームを受けた経験がある」と回答したという。番組では、その回答の一部も紹介された。

「商品不良のため返金した際、土下座での謝罪を要求された」
「自分の要求が通らないと『バカ』『嘘つき』『一生呪ってやる』などと言い、その場に何時間でもいようとする」

   こうした悪質クレームの対応に約9割がストレスを感じ、内1%は精神疾患にもなっているという。

   番組はさらに「悪質クレーム」を深堀りすべく、インプレスが2016年に発売した電子書籍「モンスタークレーマーを一気に黙らせるクレーム対応術」に掲載されているクレームの一例を紹介。それは以下のような内容だった。

「1人限定1パックの商品を、お腹の中の赤ちゃんの分もカウントして、2パック買おうとする女性」
「グラスが凍って手がしびれたといって、病院に行くタクシーを店員に呼ばせようとする男性」
「店員に勧められた『素足にスニーカー』を実践したら彼女に『クサいとフラレた』と店員のせいにする男性」

   あまりにも身勝手なクレーマーの言い分に、スタジオも失笑だった。

クレーマーの強烈エピソード続々

   放送後、ツイッター上でも

「悪質クレームの内容が失笑するのばかりで呆れる...」
「これ、全部自分勝手過ぎますよね」
「どうかしてるでしょ......どんだけ心に余裕が無いんだ......」

など、クレーマーへの批判的な声が上がった。

   また、自らの体験を明かすユーザーも。

「クリスマスプレゼントを店員さんと一緒に選んでプレゼントしたが気に入ってもらえずフラれた。責任は店員にあるから俺と付き合うのは当たり前だというクレームがありました」
「居酒屋で働いているのですが昔、ここの店で酒飲んでしまったから大事な会議に遅れてしまった、どうしてくれるんだ。と言ってきたクレーマーを思い出しました」
「昔、飲食店で働いてて、ゴミ袋交換してた時に『ゴミ見せられて食べる気が失せた。コレ(半分ほど食べた生姜焼き定食)を作り直せ』って言われましたね~(笑)」

など、強烈なエピソードが語られている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中