2019年 5月 27日 (月)

大学教授、手取り額公開でネット紛糾 「安すぎです(涙)」「中小はもっと酷い」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   「47歳国立大学教授の手取りは約700万円。高い?安い?こんなもん?」――北海道大学法学部の吉田広志教授が2018年1月18日、ツイッターで17年度の源泉徴収票を公開した。

   給料の額面(973万円)から、所得税や社会保険料などを差し引いた手取り額は「695万円」。この額をめぐり、インターネット上で様々な声が渦巻いている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

40代ビジネスパーソンの2倍

「先生...安すぎです(涙)」
「びっくりしました。こんな低い給料、人才は流出しますよ」
「本人の実績が分からないとなんとも言えないかと。ちゃんと成果出してる方なら安いし、ろくに実績ない方なら、高いと思います」
「一概に安いとは言えません。民間の中小企業はもっと酷いです」

   吉田教授のツイートには、こんな声が寄せられている。

   厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」(2016年)によると、大学教授(男性、45~49歳)の平均年収は約1052万円。40代ビジネスパーソンの平均年収(541万円、転職サイトDODA調べ※)の2倍にあたる。

   吉田氏のツイートでは、上記の額に加え、「原稿料や講演料、本を書かれている先生は印税が入ります」という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中