2018年 5月 27日 (日)

鈴木亮平がパラスポーツに挑戦! 車いすバスケ、真剣な表情で...

印刷

   三菱電機は、俳優の鈴木亮平さんが2020年に東京で開催されるパラリンピックの実施種目にチャレンジするWEB動画を、2018年1月26日から順次公開している。

  • 鈴木亮平さんがパラスポーツにチャレンジ
    鈴木亮平さんがパラスポーツにチャレンジ
  • 選手と1対1の練習に挑む鈴木さん
    選手と1対1の練習に挑む鈴木さん
  • まったく歯が立たず、悔しい表情を見せるシーンも
    まったく歯が立たず、悔しい表情を見せるシーンも

「ひとつ上の自分へ。」

   三菱電機は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、ならびに日本障がい者スポーツ協会(JPSA)、日本車いすバスケットボール連盟のオフィシャルパートナーを務めている。

   同社は2016年に、パラスポーツをより多くの人に身近に感じてもらうプロジェクト「三菱電機 Going Up キャンペーン」を開始。その一環として、鈴木亮平さんが「ひとつ上の自分へ。」をテーマに、東京2020パラリンピック競技大会で実施されるさまざまな競技にチャレンジするドキュメント形式のWEB動画シリーズを順次公開していく。

   その第1弾として、同シリーズのハイライトシーンをダイジェストで紹介する「告知」篇と、鈴木さんが車いすバスケに挑戦した「車いすバスケットボール 練習」篇を、1月26日に公開した。

鈴木亮平さんの「素顔」が見られる!

   動画では、一生懸命な表情、競技の面白さを発見したうれしそうな表情、笑顔の中にも悔しそうな表情、思わず発した言葉など、鈴木さんの「素顔」が映し出されている。全力で一つ一つの競技に打ち込み、汗を流す鈴木さんの姿に自然と魅入ってしまう。

   スポーツが好きで、身長186センチメートルという恵まれた体格の鈴木さん。小・中・高とバスケ部だったという。それでもハードさについていけず、息を切らせる場面もあった。撮影の次の日は「筋肉痛がすごかった」という。

   撮影を終えて鈴木さんは

「スポーツは全般に得意な方なので、少しだけ自身はあったのですが、実際にやってみると、『意外と簡単にできて楽しめる部分』と、『一筋縄ではいかない難しさ』の両方があり、とても楽しかったです」

と話している。

   実際に体験することで、鈴木さんは面白さや難しさなど、その競技の「リアル」を伝えてくれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中