2020年 9月 30日 (水)

「燃える男」「闘将」逝く 星野仙一の人間学、その言葉、エピソード

ルイボスブレンドだからノンカフェイン。就寝前のリラックスタイムにおすすめ。
trend_20180129114143.png

   プロ野球で活躍した星野仙一さんが4日(2018年1月)、死去した。「燃える男」のニックネームでファンを熱狂させ、監督になると、あるべきリーダー像として「理想の上司」のランキング上位の常連となった。まだ70歳、その死を惜しむ声はいまもやまない。今回は星野さんの人間学、残した言葉、長嶋茂雄さんと王貞治さんとのエピソードなど3冊を紹介したい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttp://books.j-cast.com/)」でも特集記事を公開中。

部下の能力を引き出す闘将のセオリー

『迷ったときは、前に出ろ!』(著・星野仙一、青志社)
『迷ったときは、前に出ろ!』(著・星野仙一、青志社)

   マウンドでは闘志をむき出しに、ベンチでは指導のための鉄拳制裁を躊躇しなかった。「闘将」と呼ばれコワモテのイメージがある一方で、冷静な判断と情に厚い一面を持っていた。

   『迷ったときは、前に出ろ!』(著・星野仙一、青志社、1296円)は、人間・星野仙一スタイルのいき方と実践を説いたものだ。本人自身、「本書は、私がプロ野球の監督業を通して培ってきた『部下の能力を引き出す技術』や『指揮官としての自己プロデュース』、そして『家庭のあり方』について話したものである」と語っている。

   「次に頑張りたくなる叱咤と励まし」や「一歩上を目指すためのセオリー」のほか、最終章には「家庭を愛することができる人」をあげている。愛妻家だった星野さんにとって、それが一番大切なことだったかも知れない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!