2018年 6月 20日 (水)

折りたためばスマホ並みのコンパクトさ 4K動画撮影できるドローン「MAVIC AIR」

印刷

   映像向け製品およびドローンなどを扱うDJI JAPAN(東京都港区)は、ドローン「MAVIC AIR(マビック・エア)」を2018年1月28日に発売した。

  • 安全なフライトで高画質4K動画や写真撮影を楽しめる
    安全なフライトで高画質4K動画や写真撮影を楽しめる

各種センサーや操縦支援システムにより安全な飛行が可能

   重量430グラム、アームとプロペラを本体に格納可能で、折りたたむとスマートフォンと同等のサイズになるなど携帯性に優れる。本体に保護されるジンバル(回転台)は3方向の衝撃吸収部から吊り下げることで振動を大幅に低減し、安定感のある撮影を実現。4K/30fps動画、1080p/120fpsのスローモーション動画、静止画を撮影できる。

   microSDカードスロットのほか、同社製としては初だという8GBストレージを内蔵し、写真や動画を本体に直接保存可能だ。データのエクスポートはUSB Type-Cポートを介して簡単に行える。

   7つのビジョンシステムと赤外線センサーからデータを収集し、周辺環境の3Dマップを作成することで、正確なホバリングと優れた飛行性能を実現する「FlightAutonomy 2.0」、高度操縦支援システム「Advanced Pilot Assistant System」、前後に備えた「デュアルカメラビジョンシステム」が最大20メートル先までの障害物を検知し自動で回避するなど、より安全な飛行が可能だという。

   25枚の写真を自動で撮影し合成、全天球パノラマ写真を約1分で作成できる「スフィアモード」、事前に設定した経路を飛行しながら自動で被写体をフレームに収めて撮影する「クイックショット」など、撮影技術や操縦経験に関係なくプロが撮影したような動画を簡単に撮影できるという各種機能を搭載する。

   カラーはオニキスブラック、アークティックホワイト、フレイムレッドの3色。

   バッテリー、送信機、キャリーケース、プロペラガード1組、プロペラ4組などを同梱する。

   価格は10万4000円(税込)。

   また、バッテリー3個、トラベルバッグ、プロペラ6組、バッテリー充電ハブなどを同梱した「Mavic Air Fly More コンボ」は12万9000円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中