京王電鉄16年ぶりの新型車両「京王ライナー(京王5000系)」 オリジナルプラレールに

印刷

   京王電鉄は、同社では16年ぶりだという新型車両「京王ライナー(京王5000系)」の鉄道トイ「プラレール」を、2018年2月3日から順次発売する。

  • 京王線を走る新型車両がプラレールで登場
    京王線を走る新型車両がプラレールで登場

9時30分から特別販売会

   既に京王線を通常列車として運行しているほか、2月22日からは同社初だという有料の座席指定列車も始まる同車両のグッズとして登場するオリジナルプラレール。

   価格は2700円(税込)。

   「京王れーるランド」(東京都日野市)および京王百貨店(新宿・聖蹟桜ヶ丘の両店、2月5日から)などで発売する。なお、発売を記念し、2月3日に多摩動物公園駅前広場(東京都日野市)にて9時30分から特別販売会を実施するという。

    そのほか、記念乗車券や「京王パスポートPASMOカード」の発行、スタンプラリーなどのイベントも企画しているとのことだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中