2019年 2月 20日 (水)

小室哲哉、平成J-POPの立役者
「引退」は回すべき皿がなくなったのか

印刷

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   突然の引退発表から約1週間。さすがに彼に対しては同情の声が強くなっているようにも思えるのだが、それが自然な感情というものではないだろうか。アーティストが音楽とは無縁のスキャンダラスな報道で私生活をさらけ出さざるを得なくなる。心中察してあまりある、というところだろうか。

   でも、彼の引退発表は図らずも、この30年余りのJ-POPの流れをあたらめて振り返るきっかけをくれたようにも思う。「平成」があと一年という区切りもあるのかもしれない。少なくとも「平成」の前半は、小室哲哉一色だったと言って過言ではないからだ。20世紀末のJ-POP黄金時代の立役者が彼だったことに異論を挟む人はいないだろう。

trend_20180130111429.jpg

デビュー前から「日本にいないユニット」だった

   J-POPの歴史の中で彼が広めたことや定着させたことはいくつもある。キーワード風に言えば「コンピューター」「サンプリング」「ユーロビート」「転調」「コンセプト」、そして「プロデューサー」ということだろうか。

   彼がTM NETWORKでデビューしたのは1984年。TMというのは小室哲哉・宇都宮隆・木根尚登の3人が三多摩の出身だからだ。タイムマシーンという意味もあった。未来から来た3人組。日本のシーンは松田聖子・中森明菜を筆頭としたアイドル全盛、尾崎豊がデビューしたばかり。ロックは70年代からの吉田拓郎や矢沢永吉、80年代に入ってブレイクした浜田省吾や甲斐バンド、佐野元春らが中心という時代。シンセサイザー中心でドラムもベースもいない3人編成は異色だった。

   しかも、彼らは「今の機材では再現不可能」「レコーディング主体でライブはやらない」と公言していた。初めて見たのはデビューのきっかけになったコンテストで優勝したTBSホールでのコンサート。その時すでに日本にこういうユニットはいないという印象だった。最初のツアーとなった日本青年館でのライブも「コンピューターと連動しているためにアンコールはやりません」と前置きがされていた。

   そういう意味では、自分たちが作りたいのはどんなイメージで、どんなコンセプトに基づいているのか。TM NETWORKは、それが貫徹されていたことでも稀有なグループだった。

   例えば、ブレイクのきっけかになった86年のシングル「COME ON LET'S DANCE」で彼が使った言葉が「FANKS」。ファンクとパンクとファン。アメリカのブラックミュージックの柱でもあるダンスミュージック「ファンク」と過激なブリティッシュロックの「パンク」、そして自分たちの音楽を聴いてくれる「ファン」という造語。近未来的なシンセサウンドに肉体感のあるダンスミュージック的要素が加わるきっかけになった。88年のアルバム「CAROL」は、CAROLという女の子を主人公にしたファンタジーが元になったストーリーアルバムで、東京ドームで行われたライブもミュージカル仕立てだった。

   すでにあるイメージや固定観念の先を行き、新しい何かを提出する。そんな活動の最たるものが、90年の「リニューアル」だろう。TM NETWORKからTMNへ。グループ名も変わり、音楽もハードロックへと切り替わっていった。94年に解散したTMNの当時最後のアルバムとなった91年の「EXPO」を特集した雑誌「月刊カドカワ」が手元にあった。その中で彼は筆者のインタビューに初めて買ったレコードはT・レックスのアルバム「ザ・スライダー」と話していた。3才からバイオリンをやっていた天才少年はロック少年でもあった。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーテイスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中