プロ野球12球団スローガン2018発表 「1番ダサいのは?」で議論白熱

印刷

   プロ野球12球団の2018年シーズンのスローガンが、2018年1月28日までに出そろった。

   ネット上では、早くもどの球団が一番「ダサい」のかなどが議論されている。

  • 2018年シーズンの12球団のスローガン(画像は各球団の公式サイトより)
    2018年シーズンの12球団のスローガン(画像は各球団の公式サイトより)

各球団のスローガンに込められた意味は?

   2018年シーズンのセ・パ各球団のチームスローガン、ないしキャッチフレーズは、以下のとおりだと発表されている。

<セ・リーグ>
広島東洋カープ「℃℃℃(ドドドォー!!!)」
阪神タイガース「執念」
横浜DeNAベイスターズ「VICTORY is within US.」
読売ジャイアンツ「奮輝 ~GIANTS PRIDE 2018~」
中日ドラゴンズ「原点回帰 Dragons愛!」
東京ヤクルトスワローズ「Swallows RISING 再起」

   2016・2017年と2年連続でリーグ優勝をしている広島のスローガンは、「努力」「怒涛」「同心」「胴上げ」「カープらしさ」などのさまざまな意味を込めた「℃」を3回続けることで、「リーグ3連覇へ駆け抜ける」決意を示しているという。

   昨年、19年ぶりに日本シリーズへ進出した横浜は、さらなる高みを目指し「勝利は我らの中にある」という意味のスローガンに。

   中日ドラゴンズは、昨シーズンの「原点回帰」を引き継いでいるという。他3球団は昨シーズンの悔しさを晴らすようなシーズンを目指すといった決意だ。

<パ・リーグ>
福岡ソフトバンクホークス「もう1頂!」
埼玉西武ライオンズ「CATCH the FLAG 2018 栄光をつかみ獲れ!」
東北楽天ゴールデンイーグルス「日本一の東北へ」
オリックス・バファローズ「BRAVE SPIRIT 勇猛果敢」
北海道日本ハムファーターズ「道 -FIGHTERS XV-」
千葉ロッテマリーンズ「マクレ」

   パ・リーグは、昨年リーグ優勝・日本一に輝いたソフトバンクがもう1回頂点を目指すという決意を示す「もう1頂!」というスローガンに。

   ドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎選手の活躍も期待される日本ハムは、「XV」に北海道に球団が移転して15年目を迎えるなどの意味を込めているという。

   昨年リーグ最下位に沈んだロッテのスローガンには、「捲(まく)る」や「勝ちまくる」「打ちまくる」などの意味が含まれている。

   その他3球団は、ファンとともに頂点や勝利を目指すといった決意を込めたスローガンだ。

ダサいと思われているのは...

   どのスローガンが好みかと議論になるのは、毎年の恒例行事。インターネット掲示板「5ちゃんねる」では、「12球団の2018スローガンで一番ダサいのは?」というスレッドが立ち、野球ファンが盛り上がっている。

「ロッテのは何? 道にでも迷ったの?」
「広島滑ってるな」
「ダサいのは広島とSB ロッテは意味不明」
「英語+日本語が一番ださい」

など、意見はさまざまだ。

   中でも"広島票"と"ロッテ票"が目立つ。ともに意味がわかりづらいという意見が多い。

   一方で、批判的な声が少ないのは日本ハムだ。

「日ハムはええな これ多分北海道のシルエットに寄せてるんやろ」
「珍しくハムがかっこいい 最近迷走してたし」

など、ロゴのデザイン含め好意的な意見も見られた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中