新「レグザ」ならゲームも快適 USB HDD接続で裏番組録画も

印刷

   東芝映像ソリューションは、液晶テレビ「REGZA(レグザ)」24V型「24S12」を2018年2月中旬に発売する。

  • パーソナルユースにもぴったりの24V型
    パーソナルユースにもぴったりの24V型

質感、色彩表現に富んだ映像処理を行う

   地上/BS/110度CSデジタルチューナーを各2基搭載し、別売のUSB HDD(ハード・ディスク・ドライブ)を接続すれば、番組を視聴しながら裏番組を録画できる「2チューナーウラ録」に対応する。

   自社開発の映像処理エンジン「レグザエンジンファイン」により残像を低減し、階調や質感、色彩表現に富んだ映像処理を行う。さらに番組表の高速起動など、快適なテレビ視聴や操作を実現した。

   遅延時間は約18.33ミリ秒とゲーム操作時の映像の後れを短縮し、アクションゲームなどボタンを押すタイミングが重要なゲームを快適にプレイできる「ゲームダイレクト」を備える。「レグザサーバー」「レグザブルーレイ」の電源オン・オフや、オーディオ機器の音量調整などを本機のリモコンで操作できる「レグザリンク・コントローラ」に対応する。

   価格はオープン。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中