2018年 9月 26日 (水)

北海道の寒さが造った清酒 「本醸造原酒 大雪乃蔵 寒造り」

印刷

   酒類事業を手掛けるオエノングループの合同酒精(東京都中央区)は、「本醸造原酒 大雪乃蔵(たいせつのくら)寒造り」を、2018年2月20日に発売する。

   地元産にこだわる旭川市の地酒蔵「大雪乃蔵」が、北海道の米と清い冷水で丁寧に醸した季節限定の清酒。水や空気が澄む厳寒期の酒造りは「寒造り」と呼ばれ、1年の中で最も良質な酒が醸し出されるという。アルコール分19%という原酒らしい飲み応えと、旨みの詰まった濃醇辛口の味わいが楽しめる。冷酒としてだけではなく、ロックで飲むのもおすすめだ。

   720ml瓶で参考小売価格は1050円(税抜)。

  • 伝統の技と豊かな自然で実現した地酒
    伝統の技と豊かな自然で実現した地酒
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中