2018年 10月 20日 (土)

1歳半から楽しめる電車のおもちゃ 「はじめてのプラレール」

印刷

   タカラトミーは、鉄道玩具「プラレール」シリーズから「はじめてのプラレール」全3種を、2018年2月15日に全国の玩具店およびインターネット通販で発売した。

  • 「プラレールデビュー」に最適
    「プラレールデビュー」に最適

車両幅は従来のプラレールと同じ、組み合わせて長く遊べる

   「子供が電車に興味を持ちはじめているのに、対象年齢1歳半からの電車のおもちゃが少ない」という声を受け企画。開発に際しては親へのヒアリングをもとに、「外出時に便利なベルト」「丈夫なつくり」「かわいらしいデザイン」などのニーズを反映したという。

   1歳半ごろの子供が大好きな「手転がしあそび」がより楽しくなるような動きや音の仕掛けを施したほか、ベビーカー用おもちゃとしても使用できるよう車両後部にベルトを装備する。

   手で持って走らせると運転席の透明ドラムが回転し、その中をくるくると回るカラフルなビーズと、回転で起こる「シャラシャラ」という音により、目や耳で楽しめる。車体は揺れながら走行し、手の感触や車体の動きも子供の興味を引く。

   車両の幅は従来のシリーズと同じ青いレールに合わせたサイズで、子供の成長に合わせて従来のプラレール車両やレールと組み合わせ可能で、より長い期間遊べるとのことだ。

   ラインアップは「E5系新幹線はやぶさ」「N700系新幹線」「923形ドクターイエロー」全3種。いずれも価格は1380円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中