2018年 7月 23日 (月)

ジャニーズ「NEWS」の恋愛ゲーム誕生 ファン歓喜も気をつけたいマナー

印刷

   2018年でデビュー15周年となるジャニーズ事務所のアイドルグループ「NEWS」。初の公式恋愛シュミレーションゲーム「NEWSに恋して」が、今春にサービスを開始する。

   ソーシャルゲームプラットフォーム「GREE(グリー)」は2月26日、ゲームの配信決定を発表するとともに、事前登録を開始した。

  • 2018年春サービス開始の「NEWSに恋して」 (C)2018 Johnny&Associates/(C)GREE, Inc.
    2018年春サービス開始の「NEWSに恋して」 (C)2018 Johnny&Associates/(C)GREE, Inc.
  • 小山慶一郎さんのデフォルメキャラ (C)2018 Johnny&Associates/(C)GREE, Inc.
    小山慶一郎さんのデフォルメキャラ (C)2018 Johnny&Associates/(C)GREE, Inc.
  • 加藤シゲアキさんのデフォルメキャラ (C)2018 Johnny&Associates/(C)GREE, Inc.
    加藤シゲアキさんのデフォルメキャラ (C)2018 Johnny&Associates/(C)GREE, Inc.
  • 増田貴久さんのデフォルメキャラ (C)2018 Johnny&Associates/(C)GREE, Inc.
    増田貴久さんのデフォルメキャラ (C)2018 Johnny&Associates/(C)GREE, Inc.
  • 手越祐也さんのデフォルメキャラ (C)2018 Johnny&Associates/(C)GREE, Inc.
    手越祐也さんのデフォルメキャラ (C)2018 Johnny&Associates/(C)GREE, Inc.

甘いセリフも大きな魅力

   ゲームのプレイヤーは旅行情報サイトで働くOLという設定。NEWSのメンバーと運命的な出会いをし、交流を深めていく。

   基本プレイは無料(アイテム課金型)。毎日5枚配布されるストーリーチケットで、ゲームを進めていく。登場する写真やボイスは全てオリジナルで、甘いセリフも大きな魅力のひとつだ。

小山慶一郎「好きだよ。......赤くなってる。恥ずかしい? じゃあもっと言っちゃおう」
増田貴久「俺、その顔好き。......抱きしめたくなっちゃった、いい?」
加藤シゲアキ「見てて飽きないな......だから、要するに......その、可愛いよ」
手越祐也「今度のデートだけどさ。場所は秘密、最高のプラン考えてるから期待してて」

   その他、メンバーの甘いボイスで起こしてもらえる「アラーム機能」など、ファンにとってはたまらないであろう要素を多数含んでいる。

   対応機種は、Android対応端末(Android 4.4以降)と、一部端末・タブレットを除くiOS対応端末(iOS 8.0以降)。

「なんだ、この夢のようなアプリはぁぁぁぁ」

   ゲームの公式ツイッターアカウントは、発表から約半日でゲームの事前登録者が5万人を突破、27日時点で10万人を突破したと発表している。

「まってましたぁーーー」
「公式でこんなゲーム作ってくれるとか事務所どんだけ~」
「最高ですNEWSさん」
「NEWSさんたちはあたし達を殺しにかかってますね」
「なんだ、この夢のようなアプリはぁぁぁぁ」

など、ツイッター上にはNEWSファンの歓喜の声があふれている。

   一方で、他のジャニーズグループのファンからは、羨望の声も上がっている。

「いつか(Hey!Say!)JUMPもリリースしてほしいな」
「いつかセクゾ(Sexy Zone)くんの乙女ゲームもできるのかしら...」
「もうなんでもいいから関ジャニ(∞)のゲームを頼むよ」
「嵐さんも作ってほしい!!」
「キスマイ(Kis-My-Ft2)もあったら嬉しいな」

V6ファンからは「金言」も

   ジャニーズグループの恋愛ゲーム化といえば、2013年秋に同じくグリーから配信された「V6」のゲーム「ラブセン~V6とヒミツの恋~」が記憶に新しい。同ゲームはグリーの優れたアプリを表彰する「GREE Platform award」で13、14年度と2年連続で恋愛シミュレーション部門の最優秀賞を受賞。さらに「GREE Platform Award 2015」では総合大賞を受賞と人気を博した。16年秋に惜しまれつつもサービスを終了した。

   今回のNEWSのゲームの発表を受け、V6ファンのこんな「金言」が反響を呼んでいる。

「ラブセンやってたV6ファンの私から伝えられることは、『スクショはしても絶対載せるな』です」

   ゲームの運営側や同じくゲームを進めているファンにとって迷惑となる行為は慎もうというものだ。プレイ中のスクリーンショットをSNSなどに載せれば、プレイしていない人に内容がわかってしまう。特に課金要素のあるスマホゲームではこうした行為は「マナー違反」とされている。NEWSファンの間でも「気をつけよう」といった注意喚起が多数見られる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中