2018年 5月 26日 (土)

「売り手市場」時代の新人教育とは 貴重な人材を「離脱」させないための無料セミナー

印刷

   昨今の就職活動事情を見ると、人材不足で企業の求人数が増えているため、学生優位の「売り手市場」となっている。企業としては、せっかく採用した貴重な人材の育成が非常に重要だ。

   ビジネス人材育成を手がけるアルー(本社・東京)は、春に新入社員を迎える企業に向けて、新社会人の育成のノウハウを提供する無料オープンセミナーを、2018年3月2日に同本社のある東京都千代田区で開催する。

  • 3月2日に無料セミナー開催
    3月2日に無料セミナー開催

実践的な育成ノウハウをレクチャー

   今、就活生の多くが「会社を選ぶ」立場になっている。

   文部科学省と厚生労働省の共同調査によると、2017年12月時点においての18年3月大学卒業予定者の就職内定率は86.0%(前年同期比1.0ポイント増)。これは97年3月卒の調査開始以降、同時期での過去最高の数字だ。 こうした状況下で、人材の育成は採用以上に重要であると考えるアルーは、成果にこだわった実践的な研修プログラムを企業に提供している。

   今回のセミナーでは、主に新人や若手社員教育担当者向けに、「しっかり名刺交換が出来るか」「職場で過度の緊張することがないか」といった具体的・実践的な育成ノウハウをはじめ、新人が育つ職場環境を整備するにはどうすべきかなど、新人期間だけでなく、「人材が育つ」中長期的な視野からのレクチャーを無料で受講できる。

   時間は14時~17時まで(開場は15分前)。場所はアルー本社のセミナールーム(東京都千代田区九段北1-13-5 ヒューリック九段ビル2 階)。

   定員は24人。申し込みはアルーの公式ウェブサイトで受け付ける。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中