2018年 5月 28日 (月)

JKが大っきらいなPK...そう、「パンツ食い込み」! 不快感を解消するショーツ「non!PK」

印刷

   女子中高生の8割が「PK(ピーケー)」に悩まされている――。下着メーカー大手のワコールは2018年3月1日、こんな調査結果を発表した。

  • プロモーション動画より
    プロモーション動画より

女子中学生と共同開発

   PKとは、「パンツ」「食い込み」の頭文字をとった造語だ。椅子から立ち上がった時や運動時など、何かしらの動作の際にショーツの裾がずれ上がり、お尻の「割れ目」に食い込んだ状態を指す。女子中高生の間では日常的に使用されているという。

   それもそのはず。ワコールが中学1年~高校3年の女子683人を対象にした調査によると、「PKで不快に感じたことはありますか?」との質問に84%が「ある」と回答した。

   この悩みを解消すべく、ワコールはPK対策ショーツ「non!PK(ノンピーケー)」を3月上旬から発売する。ノートルダム女学院中学校(京都市)との共同で企画・開発された。

   特徴は2つ。PKは縦への伸縮性が低いと発生しやすいため、(1)ヒップに合わせた膨らみを十分確保、(2)動作時に臀部の割れ目に追随する構造、を取り入れた。

   価格は無地タイプで税込1000円。柄がついたものは同1100円。全国の量販店やワコール通販サイトで発売する。

   特設サイトでは「JK(女子高生)のPKあるある」と銘打ったプロモーション動画も公開中。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中