2018年 12月 18日 (火)

「いきなり最終回」が23年ぶりに出た! 担当編集者が明かす復活の舞台裏

印刷

   日本の名作漫画の最終回のみを掲載した、累計84万部突破の人気シリーズ「いきなり最終回」(宝島社)が、約20年ぶりに復活した。

   いったいなぜ復活したのか。J-CASTトレンドは担当編集者に話を聞いた。

  • 「いきなり最終回 昭和・平成『傑作マンガ』スペシャル!」(宝島社)
    「いきなり最終回 昭和・平成『傑作マンガ』スペシャル!」(宝島社)

人気漫画10作品の「最終回のみ」を収録

   1990年に第1作が刊行された「いきなり最終回」シリーズ。出版社の垣根を越え、ラストシーンのみを収録した書籍の発売は初めてで、当時その企画の新しさが話題となった。95年までに第7作まで刊行された。

   あれから23年。18年2月26日に宝島社から「いきなり最終回 昭和・平成『傑作マンガ』スペシャル!」が刊行された。

   本書は「北斗の拳」「キン肉マン」など誰もが知っている名作から、91年に始まり現在も続く「バキ」シリーズの第1期「グラップラー刃牙」まで、人気漫画10作品の"最終回のみ"を収録している。価格は917円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中