2018年 5月 26日 (土)

G-SHOCK35周年新モデルは初号機DNA受け継ぐ ゴールド&シルバーのフルメタル仕様

印刷

   カシオ計算機は、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」の新製品として、スクエア型の「5000」シリーズ初のフルメタル仕様モデル「GMW-B5000」(2モデル)を2018年4月13日に発売する。

  • 初代モデルを受け継ぐ「5000」シリーズ初のフルメタル「G-SHOCK」
    初代モデルを受け継ぐ「5000」シリーズ初のフルメタル「G-SHOCK」
  • ゴールドの「GMW-B5000TFG-9JR」の裏蓋は35周年仕様
    ゴールドの「GMW-B5000TFG-9JR」の裏蓋は35周年仕様
  • 「GMW-B5000TFG-9JR」パッケージ
    「GMW-B5000TFG-9JR」パッケージ

裏蓋、パッケージも35周年記念仕様

   G-SHOCKは今年でブランド誕生から35周年。今回発売する「GMW-B5000」は、1983年に発売された初代モデル「DW-5000C」のDNAを受け継ぎつつ、素材、構造、機能のあらゆる面で進化を遂げたモデルだ。ケース、ベゼル、バンドといった外装素材には、全てステンレススチールを採用。ステンレス製のケースとベゼルの間に、耐久性に優れた樹脂素材であるファインレジンを挟むことで衝撃を吸収する、新たな耐衝撃構造を用いている。

   機能面では、スマートフォンを介してタイムサーバーに接続する「Connectedエンジン」を搭載。標準電波受信機能と合わせ、世界中どこでも正確な時刻情報を取得することができる。

   35周年記念モデルである「GMW-B5000TFG-9JR」は、ゴールドIPを施し、裏蓋には記念ロゴを刻印。周年ロゴを配したスペシャルパッケージも用意し、特別感あふれるモデルになっている。

   価格はゴールドの「GMW-B5000TFG-9JR」が7万円、シルバーの「GMW-B5000D-1JF」が6万円(いずれも税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中