2018年 6月 22日 (金)

追っかけ一筋アラサー娘に母は「大バカ者」! 嘆きの投稿に「胸に突き刺さる」「やっぱり楽しい」

印刷

   読売新聞(2018年3月5日付朝刊)の「人生案内」欄に掲載された「『追っかけ』一筋の30代娘」という投稿が話題となっている。

   ツイッターには、同じようにアイドルの追っかけに明け暮れる人、娘を持つ母親、双方の立場から書き込みが相次いだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

ただ追っかけのために働いている

   内容はこうだ。50代後半の主婦だという投稿者は、30歳を過ぎた娘の将来を強く案じている。

   というのも、娘は高校生の時から夢中になっているタレントがおり、「追っかけ」に熱を入れているというのだ。現在では給料の大半をつぎ込み、「チケットが手に入れば、日本中どこへでもライブやイベントに出かけます。同じライブツアーに何度も行くこともあります」。

   そのためか、「結婚して子どもがいる友人たちとは疎遠になり、今、友人と言えば、追っかけで知り合った40~50代の独身ばかり。大バカ者だと思います」と嘆く。

   実家住まいにもかかわらず生活費すら渡さない、将来を期待できるような職に就いていない......母親の悩みは尽きない。

   現状、「ただ追っかけのために働いている」娘に、何度も「自分の人生を見つめ直すように注意」しても、全く聞き入れてはもらえず。投稿者はどうすればよいかわからず、途方に暮れるのだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中