2018年 5月 21日 (月)

「幹事残業」解消が働き方改革の第1歩!? 時短につなげる貸切会場予約サイト

印刷

   「幹事も仕事の一環なわけだけど飲み会の為に連日残業」「幹事業務マジで面倒だし早く新人が来て欲しい」――。ツイッターで「幹事」と検索すると、こんないまいましさを感じている人の呟きが多数見つかる。

   政府が推進する「働き方改革」の機運が高まりをみせ、長時間労働の是正に向けた動きが加速する中、阻害要因のひとつは「幹事残業」だったのかも!?

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • カシキルの公式サイトより
    カシキルの公式サイトより

予約の簡易化・迅速化を狙った機能

「幹事の会場探しの時短につながる専用サイトを立ち上げれば、昨今の『働き方改革』にもつながると考えました」。

   こう話すのは、IT事業を手がけるスキマビ(東京都中央区)の三村孝昭社長だ。

   同社は17年7月、忘年会や新年会などで使う貸切会場に特化した予約サイト「カシキル」を公開した。類似のサービスはすでに存在するが、一番の特徴は「幹事残業の軽減」に焦点を当てた点だ。

   カシキルでは、予約の簡易化・迅速化を狙った機能が多く用意されている。例えば、会場の空き状況はリアルタイムで確認可能だ。

   会場の紹介ページには月ごとのカレンダーが掲載されており、日付にはそれぞれ「○」「△」「×」の記入がある。予約状況を一目で確認ができるようにすることで、わざわざ店に電話やメールで問い合わせる必要を無くした。

   そのほか、「プロジェクター」や「マイク」「音響設備」といった設備の有無も、アイコンで視覚的にわかる工夫が施されている。

会場の段取りで4~5時間を要した

   前述の三村社長は、

「友人が会社の歓送迎会幹事を担当する際、会場選びから設備などの確認や段取りで4~5時間ほどかかったと聞きました。カシキルを使えば会場準備の手間が省けるので、出席者を喜ばせる会の内容作りに集中できると考えています」

とアピールする。

   歓送迎会が増えるこれからの時期、「幹事残業」をしない、させないためにも、サイトチェックの価値はありそうだ。

   詳細はこちらから。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中