2018年 9月 20日 (木)

「住みたい街ランキング2018」横浜が初の1位 吉祥寺より上なのは納得?意外?

印刷

   リクルート住まいカンパニーは2018年2月28日、「みんなが選んだ住みたい街ランキング2018 関東版」を発表した。

   今年は初めて、東京都以外が1位に輝いた。これにはツイッターでさまざまな反響が寄せられている。

  • 18年度の第1位は…
    18年度の第1位は…
  • 「住みたい街(駅)ランキング関東版」トップ30
    「住みたい街(駅)ランキング関東版」トップ30
  • 「穴場だと思う街(駅)ランキング」トップ10
    「穴場だと思う街(駅)ランキング」トップ10

トップ3はおなじみの街だが...

   調査の対象は、関東圏(東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城)在住の20歳~49歳の男女計7000人。18年1月5日~18日にインターネットによるアンケートが実施された。

   調査結果によると、18年度のトップ3は「横浜」(神奈川、17年度3位)、「恵比寿」(東京、同2位)、「吉祥寺」(東京、同1位)の順だ。横浜が1位になるのは初めて。同ランキングの発表は10年に始まり、11年を除き毎年実施されているが、16年に初めて恵比寿が1位になった以外、すべて吉祥寺が1位と圧倒的な人気を誇っていた。

   横浜にとっては快挙と言える結果だが、ツイッター上では、意外感よりも納得感を持って受け止められている印象だ。横浜市民と思われるアカウントからは「横浜在住の私としては嬉しいな」「やったー」といった喜びがつぶやかれている。

   しかし一方で、こんな声もある。

「たぶん湾岸沿いのタワマンのイメージなんだろうなあ」
「家賃高そう」
「住みたい街=暮らしやすい街では、まずない」

   あくまで「住みたい」という憧れであり、現実的に住むことを考えて支持されているわけではない、という見方のようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中