2019年 2月 22日 (金)

【震災7年 明日への一歩】「いいね」で復興支援の寄付 フェイスブック

印刷

   未曽有の大災害となった東日本大震災から、きょうで7年となる。

   この日を迎えるのに先立ち、フェイスブックジャパン(本社・東京)では2018年3月1日、「震災復興コミュニティサミット」を同本社で開催した。

  • 「サミット」で発表されたフェイスブックジャパンの復興支援
    「サミット」で発表されたフェイスブックジャパンの復興支援
  • フェイスブックジャパンの長谷川代表
    フェイスブックジャパンの長谷川代表

過去に大震災に見舞われた地域に

   「サミット」では、フェイスブックジャパン代表の長谷川晋氏が、フェイスブック上での「いいね」やコメント、シェアといった「エンゲージメント」に応じて、10万エンゲージメントを上限に1エンゲージメント10円を寄付するプロジェクトの開始を発表した。

   対象となるのは、「くまもと友救の会」(熊本県益城町)、「つながろう なみえ」(福島県浪江町)、「阪神淡路大震災1.17希望の灯り」(兵庫県神戸市)の3団体で、寄付金や物資、広告支援という形でサポートする。各団体がある地域では、熊本地震(2016年4月)、東日本大震災(2011年3月)、阪神・淡路大震災(1995年1月)に見舞われ、大きな被害が出た。いずれの団体も現在、震災復興のため地元で活動を続け、フェイスブック上から積極的に情報を発信している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中