2018年 6月 21日 (木)

「寝たままニンテンドースイッチ」の甘い誘惑 「お母さんが見たらきっと将来を心配して泣く」

印刷

   2017年3月に発売された任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」(以下、スイッチ)。18年2月時点で累計販売数1300万台を突破するヒットを記録し、今後も『大乱闘スマッシュブラザーズ』『クラッシュバンディクー』など人気作の発売を控える。

   そんな折、スイッチの新しい遊び方が「開発」され、インターネット上で話題を呼んでいる。

©よるのうきわ
©よるのうきわ

「携帯型」としても遊べるゲーム機

   スイッチは、家庭用テレビにつなげて大画面で遊ぶ「据え置き型」だが、持ち運んで遊べる「携帯型」でもある。タブレット端末の本体と、コントローラーが別途あるのだ。

   ツイッターユーザーのうきわさん(@elmerelmer)は3月10日、

「Switchはこれができる唯一無二のゲーム機」

との文言とともに3枚の写真を投稿した。

   写真には、ベッドのふちにスマートフォン・タブレット用のモニターアームが設置されており、アームの先には携帯型のスイッチ本体がセットされている。添付されたイメージイラストでは、仰向けになった人物が本体を下からのぞき、両手にはコントローラーが握られている。

©よるのうきわ
©よるのうきわ
©よるのうきわ
©よるのうきわ
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中