2019年 1月 18日 (金)

「西郷どん」で注目の奄美大島「ご当地マスキングテープ」

印刷

   グラフィックデザイン事業などを手がけるアビコムデザイン(鹿児島県奄美市)は、ご当地マスキングテープ「紬Classicマスキングテープ」を2018年3月21日に発売する。奄美大島内の土産ショップで3月中旬に先行発売だ。

  • (左から)龍郷柄、西郷柄、秋名バラ柄
    (左から)龍郷柄、西郷柄、秋名バラ柄

西郷柄は男物として人気の柄

   奄美大島は、NHK大河ドラマ「西郷どん」で注目を集める西郷隆盛ゆかりの地として知られており、若い世代を含め観光客が増加しているという。そこで、伝統工芸である本場大島紬の柄を、若い女性に人気のマスキングテープで表現。高価で手にしづらい大島紬製品を、手軽に購入できる形で商品化したという。

   テープのラインアップは西郷柄(黒)、龍郷柄(赤・黄)、秋名バラ柄(赤・青)の3柄5種類。西郷柄は男物として人気の柄だ。龍郷柄は蘇鉄の葉など奄美の自然を図案化したもので、本場大島紬の代表的なデザイン。秋名バラ柄の「バラ」は琉球語で「ザル」を意味し、サンバラというザルの網目を元にしたといわれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「たくさんの大人に会って!」と学生にエール 就活応援トークライブ開催

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中