小田急の新型ロマンスカー 愛称は「優雅さ」から

印刷

   小田急電鉄(東京都新宿区)の新型特急ロマンスカー「GSE」(70000形)が、2018年3月中旬にデビューだ。

   「箱根につづく時間(とき)を優雅に走るロマンスカー」が開発コンセプト。愛称「GSE」は、優雅さをあらわす「Graceful」を用いた「Graceful Super Express」を略している。

  • 箱根につづく時間(とき)を優雅に走る特急ロマンスカーデビュー!
    箱根につづく時間(とき)を優雅に走る特急ロマンスカーデビュー!

展望席は大型の1枚ガラスを採用

   車体は「薔薇」色をベースにした「ローズバーミリオン」にカラーリング。また、屋根部分を深い赤色の「ルージュボルドー」に、側面にはロマンスカー伝統カラーである「バーミリオンオレンジ」の帯をあしらった。

   展望席には大型の1枚ガラスを採用。ガラスの取り付け角度と座席の位置、ガラスの両側にある支柱の位置と形状を工夫することによって、前方の眺めを格段にアップさせた。また、先頭車両の荷棚を無くすことで、より開放的な車内空間を実現。車両側面窓はVSE(50000形)やMSE(60000形)よりも30センチ高い100センチに設計し、窓の繋ぎ目を極力少なくした連続窓にすることで、流れゆく沿線の四季折々の風景を十二分に楽しめる。

   左右の振動を抑える装置を導入し、揺れを軽減した、授乳時・体調不良時に利用できる多目的室や、大型荷物の収納スペースを確保。また、座席下部にも荷物を収納可能なスペースを設けた。

   さらに、車内無料Wi-Fiシステムによるインターネットへの接続環境整備や、展望ライブ映像、GSEメイキングビデオなどが楽しめる多言語対応専用コンテンツを配信する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中