2018年 10月 22日 (月)

「充分」と「十分」はどう使い分ける? テレビ番組での説明に「待った」

印刷

   「充分」と「十分」―。この2つの「使い分け」をめぐり、議論が起こった。

   テレビ番組で解説されたのだが、そもそも使い分ける必要があるのかと、その説明に「待った」をかける人がツイッター上に相次いだ。

  • 「充分」と「十分」は何が違うの?
    「充分」と「十分」は何が違うの?

「気持ち」か「物理的」かの差

   2018年3月13日放送のバラエティー番組「この差って何ですか?」(TBS系)で、日本語の使い分けを説明するコーナーがあり、「充分」と「十分」が取り上げられた。解説をしたのは、漫才師であり、日本語学者でもある「サンキュータツオ」さんだ。

   「充分」は「気持ちが満たされている状態」、「十分」は「物理的に満たされている状態」を指す、と説明された。

   この説明の後、スイーツ好きで知られる川田裕美アナウンサーがあんこを食べているVTRが流れ、具体的な用例が紹介された。VTRで川田アナは「あんこが十分に入っている」容器を手に持ち、心ゆくまであんこを食べて「もう充分!!」と話している。

   これらの説明に、ツイッター上では

「すげぇスッキリしました」
「やっと覚えることが出来たー!」
「そうだったのか!」

など、感嘆の声が多数上がった。

   しかしこれに対し、「うのみにしてはいけない」といった声も上がっている。

記者ハンドブックではあて字?

   テレビ番組での説明に、ツイッター上で「待った」をかける人々が現れた。

   「待った」の根拠は、文化庁や、共同通信社発行の日本語用字用語集「記者ハンドブック」の見解だ。

   文化庁の公式ウェブサイトには、「本来は『十分』であって、『充分』はあて字である」と記載されている。一方、「記者ハンドブック 新聞用字用語集」(第13版)には、「じゅうぶん」「充分」は「十分」に統一する見解が示されている。

   このことを根拠に、「十分」と「充分」は、「意味合いに差はない」「使い分けはないはず」といった意見が持ち上がった。

   番組放送直後、さまざまな反響が寄せられていることについて、番組で解説したサンキュータツオさんは、3月13日夜ツイッターを更新。自身の意見を伝えている。

「どうやらTBS『この差』の類語の解説がだいぶ日本語に詳しい人たちから問題視されているようだ。たしかに成立なんてだれにもわからないし、俗説だからダメだという人もいると思います。ですが、『誤用』や『俗説』と言われるものは、<なぜ支持されたのか>ということのほうが大事です」

   続けて、反論や議論が生まれることは当然だとした上で、自論を展開した。

「成立事情や本来の用法などは、現在の使用方法を考えるうえでの参考で、それに戻せというレベルの話などでは決してありません。類義語に関してはおなじだなどということは決して言えません。おなじなら存在理由の説明がつかないからです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中