2018年 6月 22日 (金)

IQOSが「アパレル」に参入 NIGO氏とコラボで迷彩服発売

印刷

   フィリップ モリス ジャパン合同会社(東京都千代田区)は2018年4月3日から、クリエイティブ・ディレクターのNIGO氏とのコラボレーション商品「THE CAMO COLLECTION」を発売する。3月16日、都内で開いたイベントで発表した。

   同社の加熱式たばこ「IQOS」の新パッケージを筆頭に、IQOSから着想を得たジャケットやトートバッグが披露された。

trend_20180319173353.jpg
「THE CAMO COLLECTION」

IQOS仕様のジャケット

   フィリップ モリス ジャパンは17年10月から、NIGO氏とのコラボレーション企画「NIGO for IQOS」を展開してきた。

trend_20180319173427.jpg
NIGO氏

   第一弾では、「生まれ変わる伝統」をキーワードとし、瓦で制作したIQOSホルダーや専用スタンドなど7種を発売した。

   今回は第二弾で、迷彩柄(カモフラージュ)にタバコ葉のモチーフを取り入れたデザインがテーマ。商品はアパレルを中心に全8種が発売され、それぞれIQOSならではの世界観が反映されている。

「THE CAMO COLLECTION」
「THE CAMO COLLECTION」

   例えば迷彩柄の「コーチジャケット」(1万6980円、以下すべて税込)は、胸元にIQOSをイメージした「家紋」が踊り、内ポケットはIQOSがピッタリ入るよう設計されている。

   商品はそのほか、「フライトジャケット」(1万7980円)、「Tシャツ」(4980円)、「トートバッグ」(6980円)、「トラベルケース」(3980円)、「ポーチ」(4980円)、「迷彩柄IQOS」(1万9980円)が揃う。

「人と違うモノを持ちたい」欲求に応える

   デザインを手がけたNIGO氏は、

「人と違うモノを持ちたいという人達に、僕のデザインが伝わればいいなと思います」

と、3月16日の発表会にビデオメッセージを寄せた。

   フィリップ モリス ジャパンのタヌージャ・スリアラチ氏は、

「全てのアイテムが従来のアパレルアイテムの機能性を保ちながら、ファッション感度の高いIQOSユーザーのライフスタイルをさらに深化させるため、磨き上げられたデザインとなっています」

と自信をのぞかせた。

   商品は4月3日から、全国のIQOSストアなどで販売を開始する。なおIQOSの会員サイト「IQOSphere」では、3 月19 日15 時から22 日まで先行販売が実施される。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中