2018年 11月 19日 (月)

おじさんの定番「ウエストポーチ」に異変 女子の「必須アイテム」としてブームに

印刷

   おじさんの象徴(?)だった「ウエストポーチ」に異変が起きている。

   流行感度の高い10代~20代の女性が好んで着用するようになり、おしゃれなファッションアイテムに変貌を遂げているというのだ。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

定価の2倍で買った女子も

   朝の情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)で2018年3月16日、

「ダサいアイテムのハズだったのに...今!ウエストポーチが、若者を中心に大ブームの兆し!」

と、ウエストポーチの特集を打った。

   番組では、東京・原宿で街頭調査を敢行。ウエストポーチを腰に巻く若い女性たちにインタビューを行い、「ブーム」の実態を探った。

   インタビューを受けた女性たちは「めっちゃ流行ってます」「学校もこれで行っています」とウエストポーチが流行していることを認め、中には人気ブランドのウエストポーチが欲しいあまり、オークションサイトで定価の2倍を支払い購入したという人もいた。

   実際、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」で"ウエストポーチ"と検索すると、5000件以上がヒット。若い女性人気のSNS「インスタグラム」でも調べると、8500件超の投稿が見つかった。

腰上に巻けばスタイルアップ効果が

   検索結果を見ると、ウエストポーチの「多様化」が進んでいることがわかる。従来よく見かけたナイロン素材で無地のウエストポーチは"少数派"。迷彩、花柄、レザー、ファー......と、柄も素材の種類も豊富だ。

   インスタグラムに投稿されたコーディネートでは、一般的な着用方法に加え、ショルダーバッグのように肩から掛ける姿も目立った。これについては、「ワンショルダーバッグ」「ボディバッグ」「ウエストバッグ」と呼ぶらしい。

   流行の最先端をいく女性誌でも、「今春の必須アイテム」として紹介している。

「小さいサイズを選んで、ベルト代わりにするのもあり!」(『ViVi』2月7日付記事)
「スポーティーなタイプはワンピやシルエットがタイトな女性っぽい服のハズしに一役買います」(『mina』2月12日付記事、以下すべてウェブ版)
「流行りのウエストポーチは理想のウエスト位置にON」(『non-no』3月4日付記事)

   どうやら(1)ベルト代わりとして使える(2)着こなしに意外性を持たせられる(3)スタイルアップに貢献 といったところが、若い女性から支持されているようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中