2018年 7月 19日 (木)

「JBL」ブランド初のセンターチャンネル搭載、TV音声も聴き取りやすい 3.1chホームシアター「BAR 3.1」

印刷

   各種オーディオ製品を扱うハーマンインターナショナル(東京都台東区)は、アメリカ「JBL」ブランドから、3.1チャンネル・ホームシアターシステム「BAR(バー) 3.1」を2018年3月23日に発売する。

  • 映画はもちろんゲームやスマホの音楽も高音質で楽しめる
    映画はもちろんゲームやスマホの音楽も高音質で楽しめる

ワイヤレス接続で自由にセッティングできる250mm径ウーファー採用

   既に発売中の「BAR STUDIO」の上位モデルで、同ブランドのサウンドバーとしては初だというセンターチャンネルを搭載。音の定位感の向上により、特に人物の声をよりクリアに再生でき、映画のサウンドだけでなくニュースやドラマなど通常のテレビ音声も聴き取りやすいという。

   サウンドバー向けとしては最大口径クラスだという250ミリ径ウーファーユニットを採用し、大迫力の重低音と臨場感のあるバーチャルサラウンドを実現。サウンドバー本体とはワイヤレス接続のため自由にセッティングが可能だ。

   4K対応テレビやコンテンツをさらに高音質で楽しめる「4Kパススルー」に対応し、本機を介してブルーレイ(BD)レコーダーなどの機器とテレビを接続した際も最上位フォーマットのまま入力・再生ができる。

   「ARC(Audio Return Channel)」対応を含むHDMI入力×4系統を搭載し、ゲーム機やBDレコーダーなどとはテレビ経由での接続よりも高音質で楽しめるとのことだ。またBluetooth 4.2にも対応し、スマートフォン/タブレットなどとワイヤレス接続してリビングオーディオとしても活用可能だ。

   価格はオープン。直販サイト「ハーマン公式通販サイト」では5万9880円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中