2018年 6月 22日 (金)

エレコムからケーブル一体型のポータブルSSD 外付けHDDの約4倍の高速データ転送

印刷

   パソコン(PC)およびスマートフォンなどの周辺機器を扱うエレコム(大阪市)は、ポータブルSSD(ソリッド・ステート・ドライブ)「ESD-EC」シリーズを2018年3月下旬に発売する。

  • 携帯性と高速転送を両立、セキュリティ性も
    携帯性と高速転送を両立、セキュリティ性も

指定PC3台までパスワード不要に

   電気的動作によりフラッシュメモリーへデータを記録することで、アクセス時間を大幅に短縮し、高速データ転送が可能なSSDを内蔵した薄型軽量タイプ。同社製の外付けHDD(ハード・ディスク・ドライブ)と比べ約4倍だという最大読み込み速度410MB/秒、最大かき込み速度400MB/秒を実現し、大容量データのコピーや移動がスムーズに行える。

   HDDのように駆動部品がないため、高い耐衝撃/耐振動性能を備える。書き込み時の騒音もなく、消費電力を大幅に低減可能で、ノートPCへのバッテリーの負担を軽減する。外部電源不要のバスパワー駆動を採用し、PCのUSBポートに接続するだけですぐに使用できる。

   ケーブルを紛失したり忘れたりする心配のないケーブル一体型で、不使用時は本体に収納でき、持ち運びしやすい。

   表面には高級感のあるヘアライン加工とラグジュアリー塗装仕上げを施す。アクセス状態が確認できるLEDランプを備え、データ転送中に不用意に取り外してしまうミスを防止する。

   パスワード自動認証機能付きセキュリティソフト「PASS(Password Authentication Security System)」を同社ホームページからダウンロードできる。指定したPC(最大3台)でパスワードを設定すれば、2度目以降は面倒なパスワード入力不要でデータ保護が可能なほか、未登録のPCに接続した際はパスワード入力が要求され、盗難や紛失時のデータ漏えいを防止できる。

   インターフェイスはUSB 3.1(Gen1)/3.0/2.0。カラーはブラック、レッド、ホワイトの3色。

   価格は、容量120GBモデルが1万2600円(税別)、240GBモデルが2万310円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中