ボール型グリルと改良モーターで風がより速く・遠くへ届く アイリスオーヤマ

印刷

   日用品および生活家電などを手がけるアイリスオーヤマ(仙台市)は、「サーキュレーターアイ」2モデルを、2018年3月23日に全国の家電量販店などで発売する。

  • 優しい風から強い風まで好みに応じて
    優しい風から強い風まで好みに応じて

5段階の風量切り替え 自然に近い「リズム風」も備える

   いずれも前面パネルにボール型の独自形状「スパイラルグリル」を採用することで風の直進性を高めたほか、モーターを改良し、従来モデルと比べ風速は約20%、到達距離は約50%向上。従来のボディサイズはそのまま1台で18畳の広さまで対応でき、風をより速く・遠くへ届けられるという。

   風量の切り替えは従来の3段階から「微風」~「ターボモード」までの5段階に増え、細かく調整可能。また、音を気にせず就寝できるよう、「微風」「弱」モード時の運転音は35デシベル以下に抑えた静音で動作する。風量を不規則に切り替え、より自然に近い風を演出する「リズム風モード」を備える。

   1/2/4時間の切りタイマーを搭載。前カバーは簡単に外せるため、羽根の手入れを手軽に行える。

   参考価格は、上下・左右首振りタイプ「PCF-KSC151T」が1万800円(税別)、左右首振りタイプ「PCF-KSC151」が8980円(同)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中