2018年 6月 25日 (月)

80年代に大ヒット「ゲーム電卓」が帰ってきた カシオ、新機能を加えて復活発売

印刷

   カシオ計算機が、かつて一大ブームを巻き起こした「ゲーム電卓」を再び世に送り出す。2018年3月23日、シューティングゲームを搭載した電卓「ゲーム電卓 SL-880」を発売する。

   若い読者には聞き慣れないかもしれない「ゲーム電卓」だが、どんな商品なのか。

  • 「デジタルインベーダー(MG-880)」
    「デジタルインベーダー(MG-880)」
  • 「ゲーム電卓 SL-880」
    「ゲーム電卓 SL-880」

発売時には売り切れ店続出

   時計の針を巻き戻すこと38年。カシオは計算機能とゲームを融合させた電卓「デジタルインベーダー(MG-880)」を1980年に発売した。

   従来の電卓の一般的な機能とは別に、同商品は「シューティングゲーム」という新たな付加価値をつけた。ゲームは、電卓の数字表示をそのまま使ったシンプルな作りだ。右端から次々に飛び出して左側に攻めてくる数字を打ち落とし、打ち落とした回数で得点を競う。

   デジタルインベーダーは当時大ヒットを記録し、1980年9月27日付の日経産業新聞では、

「小型でどこでも気軽にゲームができる点が人気を呼び、売り切れの店が続出、生産が需要に追いつかないという」

などと伝えている。最盛期には月産30万台を記録した。

   カシオは後継機も次々に発表。ボクシングや野球、囲碁など多彩なゲームを搭載した電卓が発売された。

初代がさらに進化

   そして今回、初代「デジタルインベーダー」の復刻版ともいえるゲーム電卓が発売される。

   電卓機能やシューティングゲームの仕組みはそのままに、当時はなかった税計算機能や数字の拡大表示、太陽電池搭載など利便性を向上させた。

   カシオは

「MG-880を懐かしく感じる世代からゲーム電卓の未体験世代まで、幅広い対象に展開してまいります」

と意気込む。

   価格はオープン。市場想定価格は2000円程度。家電量販店などで販売する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中