2018年 11月 21日 (水)

ニット素材の柔らかなフィット性とホールド性を両立したランニングシューズ「WAVEKNIT R1」

印刷

   ミズノは、走れるニットアッパーランニングシューズ「WAVEKNIT R1(ウエーブニットアールワン)」を2018年3月20日に発売した。

   ニット素材特有の柔らかなフィット性と、独自パターンにより実現した程よいホールド性を併せ持つランニングシューズだ。

  • ニット素材ながらフィット性とホールド性を両立!
    ニット素材ながらフィット性とホールド性を両立!
  • ニット素材ながらフィット性とホールド性を両立!
    ニット素材ながらフィット性とホールド性を両立!

縦の圧力に対する柔性

   アッパー(足甲)部分の側面に厚さの異なる編み模様を施すことで、靴下を履いているようなフィット性と程よいホールド性を兼ね備えたシューズを開発。シューズの側面に、独自の波形パターンの凹凸を施した「WAVEKNIT」を採用した。これにより、厚みのある部分は他の部分に比べて伸縮性が低くなるため、ストレッチ性を抑えられる。また、凹凸の形状を波形にすることで、走行時の横ぶれしやすい方向(親指と小指方向)に対して、程よいホールド性を発揮してくれる。

   ソール(靴底)はグローバルで販売実績のあるランニングシューズの基幹モデル「WAVE RIDER 21」と同様の独自の波形プレート「ミズノウエーブ」を採用。横の動きに対する剛性と、縦の圧力に対する柔性を両立した独自のソールだ。また、昨今ランナーの間で「ドロップ(かかと部分とつま先部分のソールの厚みの差)」の認知が高まっていることから、1キロ5~7分のタイムの人に適したドロップ12ミリを採用している(一般的にドロップが低いほど上級者用で、高いほど初心者向けと言われている)。

   同社がニットアッパーのランニングシューズを発売するのは今回が初めて。

   全国のミズノ品取扱店で販売。

   価格は1万6092円(税込)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「就活応援」トークライブ北条かや×石渡嶺司の「会社に騙されないシューカツ」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中