2018年 12月 19日 (水)

「割り勘」はスマホ経由が主流に? 送金・決済アプリ「pring」でスマートに

印刷

   金融事業の「pring(プリン)」(東京都港区)が手がけるモバイル送金・決済サービス「pring」のスマートフォン(スマホ)向けアプリ(Android・iOS用)がこのほど、公開された。

   日本で根強い「現金主義」の壁を越え、「キャッシュレス社会」の推進を目指す。

「pring(プリン)」
「pring(プリン)」

シンプルな設計

   仕組みはこうだ。

   まず、ユーザーは「みずほ銀行」「三井住友銀行」のどちらかの口座をアプリに紐づけ、任意の額をチャージする。

   あとは、「お金をおくる」「お金をもらう」「お店ではらう」のいずれかを選択するだけ。

アプリの利用画面
アプリの利用画面

   例えば同僚3人との飲み会。会計時にAがpring経由でまとめて支払い、BとCに会計の一部を請求する。Bは同期なので自分と同じ負担額を、後輩Cには少しだけ請求。BとCは請求額に応じてAに支払い――といった具合だ。

利用イメージ図
利用イメージ図

   アプリの利用者以外への送金は、「QRコード」「LINE」「SMS」のいずれかから可能(受け取り時にはアプリ登録が必要)。

   やりとりしたアプリ内マネーも自身の銀行口座に戻す(現金化)ことができるので便利だ。

   手数料はすべて無料。加盟店は順次拡大予定で、店舗決済はQRコードで行う。事業側はクレジットカード決済と比較して格安の決済手数料で導入できると、pring社は説明している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中