2018年 6月 25日 (月)

今秋開場の「豊洲市場」を先取り! 魅力を「見て、知って、感じる」イベント

印刷

   東京都中央卸市場は2018年3月24日、築地市場の移転により10月11日に開場する豊洲市場(東京都江東区)で、「豊洲市場 魅力発信フェスタ」を開催した。25日までの2日間、行われる。

   豊洲市場の機能や魅力を「見て、知って、感じる」ことができるイベントで、初日の24日には大勢の人が足を運んだ。

  • 「豊洲市場 魅力発信フェスタ」開催
    「豊洲市場 魅力発信フェスタ」開催
  • 飲食ブースには多くの人だかりがあった。中でも「さばサンド」(左上)と「玉子サンド」(右下)が人気だった
    飲食ブースには多くの人だかりがあった。中でも「さばサンド」(左上)と「玉子サンド」(右下)が人気だった
  • メインステージでは、太鼓やダブルダッチのパフォーマンス、クイズ大会などが行われた
    メインステージでは、太鼓やダブルダッチのパフォーマンス、クイズ大会などが行われた
  • フォトスポットも充実している
    フォトスポットも充実している
  • 水産卸売場棟のマグロのせりが行われる場所には、たくさんの人が立ち止まっていた
    水産卸売場棟のマグロのせりが行われる場所には、たくさんの人が立ち止まっていた
  • 青果棟の見学コース
    青果棟の見学コース
  • 青果棟の壁には市場の歴史が学べる展示も
    青果棟の壁には市場の歴史が学べる展示も
  • 凧揚げワークショップや「東京150周年パネル」の展示コーナーがある。凧揚げは水産仲卸売場棟の上にある「屋上緑化広場」で遊べる
    凧揚げワークショップや「東京150周年パネル」の展示コーナーがある。凧揚げは水産仲卸売場棟の上にある「屋上緑化広場」で遊べる
  • 「リアル宝探し」の参加者
    「リアル宝探し」の参加者
  • 豊洲市場の魅力をアピールするキャラクター・イッチーノ
    豊洲市場の魅力をアピールするキャラクター・イッチーノ

「さばサンド」が大人気!

   メインステージでは、朝10時30分からさまざまな催しが行われた。オープニングは和太鼓の会「深川福住太鼓」のパフォーマンスで、会場を盛り上げた。ほかにもダブルダッチのパフォーマンスや、クイズ大会、模擬せり体験などが実施された。

   メインステージの横には、飲食ブースがある。昼食時になると人だかりができていた。人気のグルメは「さばサンド」(380円)と「玉子サンド」(3カット600円)。30食限定の「さばサンド」は11時頃には品切れになった。正午頃再び10数個入荷するも、15分ほどで完売となるほどだった。「玉子サンド」は11時30分頃に約85食を売り上げ、一時品切れになっていた。

   親子連れの姿も多く見られた。市場内に設置された宝箱を探す「リアル宝探し」の参加者も多数で、イベントスタッフに話を聞いたところ12時30分時点ですでに120人以上が宝を探し終えていた。

マグロのせり場を見学

   本イベントでは、「青果棟」「水産卸売場棟」「水産仲卸売場棟」「管理施設棟」の一部が見学できる。

   水産仲卸売場棟では、市場の中で魚などを運搬する小型車両「ターレー」の展示があり、子どもたちの関心を集めていた。ターレーはメイン会場内に試乗コーナーも設けている。

   大人に人気なのは、水産卸売場棟のマグロのせりが行われる場所だ。写真を撮っている人も多かった。

   一部内容は異なるが、同イベントは25日(10時~16時)にも開催する。詳細は東京都の公式ウェブサイトへ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中