小中学生が夢見る将来の職業 1年前は「会社員」、今年は様変わり

印刷

   人材サービス会社「アデコ」は2018年3月26日、小中学生の「将来就きたい仕事」ランキングのトップ10を男女別に発表した。

   「警察官・刑事」が急上昇した一方で、昨年は男子1位、女子2位だった「会社員(サラリーマン・OL)」が大きく順位を落とした。

  • 小中学生の「将来就きたい仕事」ランキング発表!
    小中学生の「将来就きたい仕事」ランキング発表!
  • 男子のランキング
    男子のランキング
  • 女子のランキング
    女子のランキング

「例年順位入れ替わりが激しい」

   調査は、17年11月に日本全国の小中学生1000人を対象に行われた。

   全国の小中学生1000人に対し、「大人になったらどのような仕事をしたいか」を聞いたところ、男子の1位は「サッカー選手」(8.0%)、女子の1位は「パティシエ(お菓子職人)」(14.4%)となった。サッカー選手は昨年の2位(7.4%)から1つ順位を上げた。パティシエは同ランキングにおいて4年連続で1位と、根強い人気を誇っている。

   興味深いのは、「会社員(サラリーマン・OL)」が大きく順位を落としたことだ。17年4月発表の同ランキングでは、男子1位(14.4%)、女子2位(9.4%)に選ばれていたが、今回は男子では7位(4.2%)、女子では9位(1.8%)という結果になった。

   また、「警察官・刑事」が男子の3位と女子の6位にランクインしていることも目立つ。同ランキングは14年から毎年春に発表されているが、女子では初のトップ10入りだ。男子は14年~16年までトップ10入りしていたが、17年に初めてトップ10圏外になった。

   J-CASTトレンドは3月27日、今回のランキングで、会社員が順位を大きく落としたこと、警察官・刑事の人気が急上昇したことについて、アデコの広報部に見解を求めた。返事は、「例年順位の入れ替わりが激しく、アンケート回答者に選択した理由を聞いている訳ではないので、回答は難しい」だった。この1年で小中学生に大きな心境の変化が起きたのだろうか。

ユーチューバーになりたい男子小中学生

   小中学生へのアンケート調査では、代表的な職業70の中から「将来就きたい仕事」を複数回答可で選んでもらった上で、その中から最も就きたい仕事を1つ選んでもらっている。職業の選択肢は時代の流れなどを汲んで見直しており、17年春発表の調査から「ユーチューバーなどの動画投稿者」などが選択肢に入っている。

   「ユーチューバーなどの動画投稿者」は今回、小学校中学年男子(150人)に限ったランキングでは3位にランクイン。その他、男子小学生(350人)、小学校高学年男子(150人)、小学校低学年女子(150人)、小学校中学年女子(150人)のランキングでトップ10入りをしており、一部の層からは支持を得ている。

気になるランキングは...

<小中学生男子の「将来就きたい仕事」ランキング>
1位「サッカー選手」(8.0%)
2位「医者」(6.4%)
3位「野球選手」(5.6%)
3位「警察官・刑事」(5.6%)
5位「公務員」(5.0%)
6位「先生(大学・高校・中学校・小学校、幼稚園など)」(4.6%)
7位「会社員(サラリーマン・OL)」(4.2%)
8位「学者・研究者」(3.6%)
8位「ゲームクリエイター」(3.6%) 10位「パイロット」(3.2%)
10位「エンジニア・プログラマー」(3.2%)

<小中学生女子の「将来就きたい仕事」ランキング>
1位「パティシエ(お菓子職人)」(14.4%)
2位「医者」(7.4%)
3位「先生(大学・高校・中学校・小学校、幼稚園など)」(7.0%)
4位「看護師」(5.0%)
5位「公務員」(3.2%)
6位「警察官・刑事」(2.2%)
7位「学者・研究者」(2.0%)
7位「服飾デザイナー」(2.0%)
9位「野球選手」(1.8%)
9位「俳優・女優」(1.8%)
9位「会社員(サラリーマン・OL)」(1.8%)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中