150人が集結、ライブ配信アプリ「17 Live」ナイト イベント優勝者は女性、賞金なんと250万円!

印刷

   きらびやかな衣装を身にまとった男女が、スマートフォン(スマホ)の画面に向かってにっこり。手を振りながら、視聴者との「会話」を楽しむ――。

   総勢150人が2018年3月27日夜、東京都内のホテルに集結した。目的は、ライブ配信アプリ「17 Live」のイベントに参加するためだ。

   最も人気の「配信者」を決めるもので、優勝したのは25歳の女性。見事、優勝賞金250万円を獲得した。

   2時間半にわたり熱気に包まれた会場をJ-CASTトレンドは取材。参加者大興奮のイベントをリポートする。

イベント時の様子
イベント時の様子

配信を通じて収益を得られる

   17 Liveは、「17ライバー」と呼ばれる配信者がライブ動画を投稿し、視聴者(ファン)が「いいね」やコメントなどで参加。配信者はその視聴者の名前を読み上げる......といったように、双方向のコミュニケーションができる。

   奇をてらった配信は少数で、普段の何気ない日常を伝えたり、視聴者との「会話」を楽しんだりする配信者が多い。

配信イメージ(17公式YouTubeより)
配信イメージ(17 Live公式YouTubeより)

   視聴者は課金(数百円~数万円ほど)により、好きな配信者に「ギフト」という仮想アイテムを贈ることが可能。ギフトはポイント(1ポイント=約0.5円)に換算され、ポイントの約15%がライブ配信者に支払われる仕組みだ(J-CASTトレンド調べ)。

   15年6月に台湾でサービスが開始されると、韓国、タイ、ベトナム、シンガポールなど9か国・地域に拡大。日本でも17年9月にリリースされ、ユーザー登録者数は世界中で4000万を超える。年齢層は10代~50代と幅広い(数字はすべて18年3月時点)。

ユーザー年齢層(17media japan調べ)
ユーザー年齢層(17media japan調べ)

   3月27日のイベント「ライバー戦国時代の覇者になれ~決戦の夜~」には、アプリ内のイベントを勝ち抜いて選ばれた人気配信者150人が集結。会場内で一斉にライブ動画を配信し、時間内に最もファンらからのギフトを集めた1人を決めた。

150人のライバーが集結
150人のライバーが集結

「私はイチナナをやるために生まれてきた」

   優勝したのは、女性配信者の「あーるちゃん」。一夜にして約1800万ポイントを獲得し、アプリ内イベントでの獲得分も含めた累計は約7400万に上った。

「あーるちゃん」
「あーるちゃん」

   あーるちゃんは、配信を始めてからまだ3か月ほど。だが、国内外に多数のファンを持ち、圧倒的な人気を誇る。もともと撮影モデルをしていたが、今は配信をメインに活動している。

「あーるちゃん」のプロフィールページ
「あーるちゃん」のプロフィールページ

   配信では、自分を作らず「ダメな部分」も含めて素をさらけ出すことを意識。配信を通じて「バーチャルの世界だからこそ1人1人の人間関係を大切にすること(の重要性を)を学びました」。

   優勝という結果には

「自分という存在が飽和している感じ」「本当に生まれてきてよかったなと思います。私はイチナナをやるために生まれてきたと思います」

と感無量の様子。今後は「(視聴者と)ずっと人生を歩んでいきたい」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中