2018年 6月 19日 (火)

G-SHOCK35周年記念限定モデル 初代カラーのブラック×ゴールドを採用

印刷

   2018年4月にブランド誕生35周年を迎える、カシオ計算機の耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」。カシオはこれを記念し、ゴールドをアクセントに用いた限定モデルを4月13日 に発売する。

  • 「DW-5035D-1BJR」(税別2万円)
    「DW-5035D-1BJR」(税別2万円)
  • 「DW-5735D-1BJR」(税別2万円)
    「DW-5735D-1BJR」(税別2万円)
  • 「GF-8235D-1BJR」(税別4万8000円)
    「GF-8235D-1BJR」(税別4万8000円)

歴史の中で大きな存在感示すモデルがベース

   G-SHOCKのブランドカラーであるブラックをベースに、初代カラーに採用されたブラック×ゴールドの配色を再現したウオッチだ。液晶をはじめ、35周年のロゴが刻印されたバック、ベゼル(リング状のパーツ)の文字部分、プッシュボタンやビスなどがゴールドになっている。

   販売されるのは3商品で、35年の歴史の中で大きな流れをつくったモデルを、それぞれベースモデルに採用している。選ばれたのは、初代G-SHOCKのDNAを受け継ぎ、G-SHOCKの開発チーム「PROJECT TEAM Tough」の文字を刻んだ「DW-5000」、日本未発売ながら世界中から支持を得た初のラウンド型「DW-5700」、「マスターオブGシリーズ」の先駆けで、カエルをモチーフにした、ISO規格200メートル潜水用防水機能を備える「GF-8250」。いずれもG-SHOCKの歴史を語る上で外すことのできないモデルだ。

   価格は「DW-5000」の系譜の「DW-5035D-1BJR」、「DW-5700」の系譜の「DW-5735D-1BJR」がいずれも2万円。「GF-8250」の系譜の「GF-8235D-1BJR」が税別4万8000円(すべて税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中