2018年 11月 19日 (月)

「人生ゲーム」50年前にタイムスリップ 団地、東京ドームに新国立競技場も

印刷

   タカラトミーは、ボードゲーム「人生ゲーム」発売50周年記念の「人生ゲームタイムスリップ」を、2018年3月31日に全国の玩具店およびインターネット通販などで発売する。

  • 日本の50年を追体験
    日本の50年を追体験

1968年からスタートする

   シリーズ61作目となる本作では、「人生ゲーム」が日本に登場した50年前にタイムスリップし、これまでの日本の流行や出来事を体感しながら現代を目指す。また追加の「未来ステージ」をつなげることで、想像した未来を加えた約100年の人生も楽しめる。

   コースは1968年からスタートし、1970~2010年代まで年代ごとに計5つのメインステージに分かれ、各年代に話題となった物事にまつわるマス目を盛り込む。

   盤面には「団地」(70年代)、「東京ドーム」(80年代)、「東京スカイツリー」(2010年代)など時代を象徴する6つの建物を配置し、ゲーム内で購入や投資ができる。また、ゴールには完成前の「新国立競技場」も一足早く登場するという。

   従来と同様、「職業カード」を裏返してランクアップすることで、多くの給料がもらえるようになるが、本作ではシリーズ初、年代によって給料が変動する仕組みを導入した。資産となる「お宝カード」も時代に応じて価値が変動していく。

   価格は3980円(以下全て税別)。

   また、「人生ゲーム」と同じく創刊50周年を迎える集英社のマンガ雑誌とコラボレーションした「週刊少年ジャンプ人生ゲーム」(価格4500円)を7月に、デビュー30周年のロックバンドとコラボレーションした「B'z 人生ゲーム」(価格未定)を4月1日に、それぞれ発売する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中