2018年 10月 20日 (土)

アンドロイドスマホに装着 高画質360度VRカメラ

印刷

   パソコンおよびスマートフォン(スマホ)などの周辺機器を扱うエレコム(大阪市)は、360度VR(バーチャル・リアリティ=仮想現実)カメラ「OMNI shot mini(オムニショット・ミニ)OCAM-VRU01BK」を2018年3月下旬に発売。

  • Androidスマホと一緒に持ち歩けば、いつでも撮影や配信が楽しめる
    Androidスマホと一緒に持ち歩けば、いつでも撮影や配信が楽しめる

専用アプリを起動するだけで撮影スタート

   USBホスト機能対応のスマホ・タブレットに装着すれば、標準で2.5K(2560×1280ドット)、最大3K(3008×1504ドット)の高画質で360度動画を撮影できる。また静止画は4.5メガピクセル相当(3008×1504ドット)の画質で撮影可能。手ブレ補正機能を装備する。

   無線接続などの設定は不要で、無料の専用アプリ「OMNI shot mini」を起動するだけで撮影を開始。電源はスマホ・タブレットのバッテリーを利用するため、持ち運んでいつでも使用できる。USB Type-C端子を標準装備するほか、USB micro-B端子への変換アダプターが付属。

   撮影画像は「フィッシュアイ」「パノラマ」「リトルプラネット」「クリスタルボール」4つのビューモードで閲覧可能。基本のスワイプのほかVR、ジャイロ効果を有効にできる。動画配信サービス「YouTube」やソーシャル・ネットワーキング・サービス「Facebook」などへはアプリからライブ配信や共有が可能だ。

   リセットピン、専用ポーチ、クリーニングクロスが付属する。価格は3万3510円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中