2019年 2月 22日 (金)

マウスピース矯正と裏側矯正体験記 「歯が命」の女の子は必読です!

印刷

   メイクとともに重要視されるようになった、「歯」。インスタを見てもわかるように、ホワイトニングやセラミック治療など、歯を美しくするためにエステ感覚で審美歯科に通うギャルもここ数年でかなり急増しました。

   ちなみに私も歯の治療が大好きな一人。オフィスホワイトニングやホームホワイトニングで白い歯を維持したり、ステインや歯石をクリーニングしたり、また、近年人気の「マウスピース矯正」や「裏側矯正」するなど、歯のお手入れには余念がありません。

   そこで今回は、実際にやってみた筆者が思う「マウスピース矯正」と「裏側矯正」のメリット・デメリットを徹底紹介。これから矯正で歯を綺麗にしたいと思う人、必見ですよ!

  • 歯のお手入れ、大切です
    歯のお手入れ、大切です

食事の前は外せるけど、デートでは気をつけて

   まずは「マウスピース矯正」のメリットがこちら!

【マウスピース矯正のメリット1】

   矯正は「ブラケット」という器具を歯に付けてワイヤーを通すのが一般的な方法ですが、マウスピース矯正は透明のため、何よりも目立たないのが特徴です!矯正はしたくても目立つのが嫌だと思い断念していた人は、マウスピース矯正なら口を開けても問題ありません。

【マウスピース矯正のメリット2】

   マウスピース矯正は、食事の際に外すことが出来ます。ブラケットが付いた表側矯正や裏側矯正とは違い、食事の時と歯を磨く時には一時的に取ることが出来るので、自分の歯でダイレクトに食事をしたり、磨けたりして不快感がないのも特徴です。

【マウスピース矯正のメリット3】

   マウスピース矯正は基本的に約2週間に1度、自分自身で新しいマウスピースに付け替えていくので、約2~3か月に1度だけ通院し(歯医者にもよる)、歯の状態やクリーニングをすれば問題ないです。これなら多忙な方、遠方から通院する方も負担が軽減されますよね。

   ではデメリットは何なのでしょう?それがこちら!

【マウスピース矯正のデメリット1】

   食事や歯磨きの際に、取り外すことがメリットのマウスピース矯正ではありますが、取り外すタイミングが重要です(笑)。男性と食事デートをしている際に目の前で取り外す行為をしたら、きっと驚かれること間違いなしです。また、唾液で糸を引いてしまうこともあるのでそれを見られた際には、その後のデートが気まずい雰囲気になることも...。

【マウスピース矯正のデメリット2】

   食事を食べ終わったら、再びマウスピースを付けることになりますが、その時に毎回、歯磨きが必要になります。それとともに、マウスピースも洗わないといけないので細かい作業が苦手な人は嫌気がさすことも...。また、マウスピースにも汚れが付着することから、定期的に洗浄剤を使って洗うような手入れが必要になります。

【マウスピース矯正のデメリット3】

   食事や歯磨き以外の時間はずっと装着しないといけないことから、突然「キス」しないといけないシチュエーションになると、どうしてもマウスピースがあることでかなり気まずいキスになることも...(笑)。そういうシチュエーションになることが予想出来る際は、ちょっとだけ事前にマウスピースを取り外しておくことをオススメします。(但し、用が済んだら直ぐ装着マストです!)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中