2018年 8月 20日 (月)

新社会人の期待と不安 AI時代に勝ち残ることができるか

印刷
trend_20180402111406.jpg

   今年(2018年)は一足早いサクラとともに新社会人が一斉にスタートした。目前に迫るAI時代に勝ち残ることができるだろうか。期待の一方で、漠然とした不安を隠せない人たちもいる。今回は、新しい時代の働き方、ビジネスのあり方、社会人として失敗しないやり方など3冊を紹介したい。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチ(http://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

2045年に「シンギュラリティ」が到来

trend_20180402111439.jpg

   「2020年代にAI(人工知能)は人間の知性を超え、2045年には科学技術の進化の速度が無限大になる『シンギュラリティ』が到来する!」。あらゆる技術が未曽有のスピードで進化し、人間もAIに仕事を奪われる危機にさらされる今、ビジネスや企業組織はどう変わるのか。

   『シンギュラリティ・ビジネス AI時代に勝ち残る企業と人の条件』(著・齋藤和紀、幻冬舎、842円)は、「シンギュラリティとは何か」から始まり、新しい時代のビジネスチャンスや人の思考を読み解く。

   内容は「第四次産業革命が始まっている!」「エクスポネンシャル思考でなければ生き残れない」「シンギュラリティ後をどう生きるか」――テクノロジーに強くないビジネスパーソンにもおすすめだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中