氷点下熟成の研ぎ澄まされた味わい 「一番搾り 匠の冴」

印刷

   キリンビールとセブン&アイ・ホールディングスは、「一番搾り 匠の冴(さえ)」を、2018年4月3日から発売する。

   独自の"一番搾り製法"により、純度が高く芯の通った麦芽のうまみと、研ぎ澄まされた味わいを実現したビール。氷点下熟成製法で余計な雑味を抑え、"清澄な味わい"を叶えた。パッケージは銀色をベースとし、シンプルに研ぎ澄まされたデザイン。

   価格は350ml缶が221円(税込)、500ml缶が286円(同)。全国のセブン&アイグループ各社の酒類取り扱い店舗で販売する。

  • 清澄で特別な一番搾り
    清澄で特別な一番搾り
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中