2018年 5月 28日 (月)

動く男性のシルエットを窓に投影 ひとり暮らし女性を守る心強い味方

印刷

   不動産のレオパレス21(本社・東京)は2018年3月23日、女性を狙った住居侵入犯罪を軽減することを目的とした防犯施策「Man on the Curtain」を開発した。

  • ひとり暮らしの女性に向けた新たな防犯施策「Man on the Curtain」
    ひとり暮らしの女性に向けた新たな防犯施策「Man on the Curtain」
  • スマホで簡単に投影
    スマホで簡単に投影
  • カーテンに男性のシルエットが映る
    カーテンに男性のシルエットが映る
  • 男性が住んでのように見える
    男性が住んでのように見える

抽選で女性5人にプレゼント

   「Man on the Curtain」は、スマートフォンとプロジェクターだけを用いて、動く男性のシルエットを窓に投影するもの。レオパレス21は「いかにひとりでいる女性に見せないか」が重要だと考え、カーテンに映る男性の影映像のリアリティーにこだわった。CGと実写のどちらにするか、適切な光量はどれぐらいか、本当に男性がそこにいるように見えるよう、丁寧な検証を繰り返したという。

   シルエットの動きは、シャドーボクシングをしているものや、筋トレをしているもの、バットで素振りをしているものなど全部で12パターン。

   レオパレス21はこの「Man on the Curtain」のプロジェクターキットを抽選で女性5人にプレゼントする。締め切りは18年4月6日15時まで、特設ウェブサイトで受け付けている。

現時点で一般商品化は...

   プロジェクターキットは、現状ではあくまでプレゼントの形で提供される。4月2日、J-CASTトレンドはレオパレス21の広報に、商品化の可能性について取材した。電話で以下のような回答があった。

「現時点では一般商品化は決まっていない。今回の応募で当選した5人の方に体験していただいた感想なども含め、今後については検討していきたい」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中